我が家の一等賞

プロとアマの違い  煩悩是道場 http://d.hatena.ne.jp/ululun/20080419/1208574005 より引用

アマ:人間的成長を求め続けていることを言い訳に仕事をしない
プロ:現状がどのようなものであるかを認識・把握し、その中で仕事を行う

アマ:根拠のない自信と誇りに満ちあふれている
プロ:ぐちっぽいが仕事はこなす

アマ:常に明確な目標を指向することが目的化している
プロ:目標が漠然としているように見えるが、目の前の仕事はきっちりこなす

アマ:他人の幸せに役立っていると信じてしまう
プロ:自分が傷つく事は回避する。結果としてそれが仕事をする上で最善ならば。

アマ:闇雲に可能性に挑戦し続ける。
プロ:経験を生かし、次のステップを見極める。

アマ:根拠が無くても思い信じ込むことができる
プロ:根拠が無いものは信じないことからスタートする

アマ:自己訓練を習慣化し目的化する
プロ:気まぐれであっても納期に結果を出す

アマ:時間を有効に習慣化することが目的化される
プロ:時間の観念がなくても結果を出す

アマ:成功し続けていると思いこむ
プロ:失敗を恐れるが結果は出す

アマ:自己投資を続けるが結果に結びつかない
プロ:享楽的資金につぎ込んでいるように見えるが、結果的に回収される

アマ:使命を持っている気がする
プロ:途中で投げ出すこともあるが、納期までには終わっている

アマ:出来る方法を考えるが実行しない
プロ:できない言い訳が口に出るが結果は出す

アマ:自分のシナリオを書くことに没頭する
プロ:他人のシナリオを気にして、参考になることがあるか考える

アマ:成果で金が稼げない
プロ:成果で金が稼げる


プロとアマの違いについてこれでほぼ定義されており総論として異論はないと思います。しかしプロの中でも一流から三流まで格差があると思います。極端な話、他人が認めるかどうかは別として自分で「私はプロだ」と言えばある意味プロなのですから。
私が考えるプロ中のプロは、良いものを知った上(明確な価値観を持った上)で、お客の好みを的確に把握し、そちらへ寄り添い、お客の望むものを提供するものだと思います。客に自分の価値観を押し付けるのではなく客の方に合わせるということです(誤解しないでいただきたいのは決して客に媚びるという意味ではありません、価値観が全く合わなければ提供できない場合もあるということです)。オーディオでもそうですし、ディスカスも同じだと思います。






WR19LS
去年の我が家の一等賞 WR19LS


WR54S
よく頑張ったで賞 WR54S


今年の我が家の一等賞は何かな?
WR19LSは相模大野の店長さんにファームの現状を聞きますと、現時点での購入は無理。今我が家にいる一匹ゲットできただけでもラッキーとのことです。LEOさん、頑張ってください。待ってますから。
WR70系も結構我が家に来ましたし、WR70Yは大満足していますので収容可能数に限界がある我が家ではWR70系はひとまずこれで一旦止め。WR19LS、WR70系以外となりますと個人的には今年はWR1Sに注目しております(あくまでも個人的にです)。




WR46N F1
WR46N F1
我が家での立ち上がりが悪くどうなるかと心配しておりましたが何とかここまで育ってくれました。
ソリッドレッド系は正直それほど興味がない (スポット系が大好きでWR19LSが来てから特にそうです) のですが小さいサイズから魚には苦労をかけ、苦難を乗り越え頑張って大きくなってくれましたので (我が家の飼育環境と飼育者であるのが私であることを考えると魚の頑張りはスゴイ)、思い入れは深いです。
写真の個体は顔つきがかわいくてメスではないかと思います。赤もいい具合に出てきて色も飛ばないので嬉しいですよ。














こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : Discus ディスカス WWFF WR19LS WR54S WR46N F1

comment

Secre

ヒロリオンさんへ

こんばんは、ヒロリオンさん。

ヒロリオンさんの去年の一等賞は私から見てWR46N F1だと思います。

ワイルドのソリッドレッドは我が家では真紅にはなってくれませんでしたが、WR46N (F1) は程度の差こそあれ赤くなってきております。赤くなってくれるのはなんででしょうか????
我が家の飼育スタイルは究極の手抜き飼育でしてヒロリオンさんに参考になることはないかと。
今度お会いした時にでもゆっくり話しましょう。経験上、水の容量の多い方が水質が安定して飼育しやすいように思います。

魚が大きくなるのは魚の持つ資質の面が大きいと思います。WR54Sはもともと同腹の個体の中では大きかったので、大きくなる要素があり、結果途中に目が大きくなって成長の遅れがありましたが最終的にある程度まで大きくなってくれたと思います。

WR19LSはプレッシャーがかかります。その上、今度新たなプレッシャーの種が我が家に来るかも・・・・・・

「ヒロリオンさんを取り囲む会」は2月頃にしましょうか。
この会の前に少々お尋ねしたいことがありますので、相模大野のお店で尋問をしたいと思います。カツ丼の出前を頼んでおきます、ジャック ・バウアー流の尋問を考えております(笑)。

アマ

こんばんは   もりげんさん

私は、アマ中のアマです。まぁオカマでは、なくてよかったと思っています。(笑) ちょっと厳しかったですかね

ヒロリオン個人的な1等賞WR46N(F1) 凄いですねこの個体は、色もよく出ていて「惚れてまうがなぁ~♪」

今日、店長さんと少し話をしていましたが、我が家のWR46系統は少し色とびがあるのでは・・・って水換えの話になりましたが勉強になりましたよ、もりげんさんのところのWR46NやWR46N(F1)様な発色はしてくれないのですよ アドバイスしていただいたところで、話をしている時は気がつかなったのですが、これかな?っていうことがあったのでちょっと試してみます。


WR54Sは、さらに良くなったように見えますが・・・どうやったらこんなにうまく飼育できるのですか?また新年会?にでも秘密を教えて下さい。


1等賞は、WR19LSですか 私はこの種を飼育したことがないので、どういった所が苦労するのかなどと言うことは、わかりませんが この魚を大きくし、この状態をキープすることが難しい魚だと思っていますよ

この写真から、状態の良さ、飼育の良さ、管理の良さ、魚をとても大事にしているなぁ~というのがひしひしと伝わってきますよ(決して、静岡方面からのプレッシャーではありません・爆笑)



プロフィール

もりげん

Author:もりげん
台湾にあるWWFF (W.W.F.F. : World Wide Fish Farm) Discusが好きで、その中でも赤系、特にスポット系が大好きです。メールでのあて先は aerocabin@mail.goo.ne.jp までお願いいたします。
旧ブログ (もりげんのディスカス飼育日記 (W.W.F.F.ディスカス中心)) に引き続きまして当ブログもよろしくお願いいたします。

〔注意事項〕 このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、 コピー厳禁です。all rights reserved(無断複写・転載を禁じます)

ブログランキング
参加中のブログランキングです
banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

Twitter
Powered By FC2ブログ
FC2ブログ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブックマーク
関連ホームページ・ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示