スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



思うように行かない

世の中、何事も思うように行かないですね。
私の知人たちも部下を持つようになって部下が思うように働いてくれないとか、思うように動いてくれないとか、思うように行かないと愚痴をこぼしておりました。
お前はどうなんだと聞かれましたが、私は周囲が良く働いてくれて本当に助かります、有難いことですというと、知人たちはどうして???と驚いておりました。

1)部下は自分の子だと思って思いやりの心を持って接する。
2)自分に落ち度があれば「ありがとう」と「すいません」は素直に言う。
3)自分の嫌がることは部下も嫌、絶対にしない。
4)部下の立場を尊重する、戦艦では艦長と砲手がいるが地位的には艦長が高いだけであってどちらも必要であり、それぞれの役割が違う。命令をするにしてもなぜそれを行うのか説明する、上司の命令だから部下は言われた通りにすればいいと思ってはいけない。自分が決定権を持つ場合には広く部下の意見を聞き、議論を尽くして結論を導く。それに対しては従ってもらう。責任は自分が負う。自分が行うべき決断を他人に任せてはいけない。
5)部下と張り合おうと思っても仕方がない、分からないところは素直に分からないと言った方がいい。
6)人間はみな不憫な存在であり、色々な理由があって仕事をしています(報酬を得る目的、社会とのつながりを求める、暇つぶし、家から出たいなど色々)。朝起きて今日も仕事に行くのが楽しいと思うまではいかないが、行くのが嫌だと思わせないような職場の環境作りが大事。仕事は決して楽しいものではないが、それを少しでも楽しめるようにすればよいのではないか。
7)人間どんなものでも必ず1つは取り柄があるからそれを見つけること(仕事に関係の無い取り柄も結構ありますが(笑))
8)部下にたまにメシを奢る機会があればお金がちょっと惜しいかなぁ。と思うくらいのものを奢ってあげなさい、ごちそうさまと言われるのだから安いのではかわいそうです(笑)。
9)日ごろから自分の考えを伝えておく。
10)無理に尊敬されようとか気負わないこと、尊敬や敬意は相手から自然に出るもの。敬意を表して~部長(などの職位)、~先生、~博士と呼びなさいなどとは言わないこと。相手に対しては呼び捨てにせず、最低~さんと呼ぶようにする。
11)率先垂範、自分が動かずに他人を動かすことはできない。

まだまだあるとは思いますが、思い返すとざっとこれぐらいの思いついたことを言ったように記憶しておりますが、知人たちはもりげん(さん)もなかなか大変なんだなぁと驚いておりました。
私は歴史が好きで日本史ならば戦国時代が特に好きですが、この時代は群雄割拠、大名たちが凌ぎを削って争っておりましたが、織田信長のような常備軍を持った専制君主は別として、各大名は豪族の連合体の長といった面もあり、上から下まで仕えるに値しない主君だと思えば主を変えたり寝首をかいて主家を乗っ取った時代ですから(主人に忠節を誓うべきいう現在の価値観は徳川幕府になってから確立しました)、戦国武将の色々なエピソードを見ると
如何に家臣を掌握するかという点に大名、武将が心を砕いたかが分かります。それらを参考にすれば部下を使って行く上で参考になるかもしれませんとアドバイスしておきました。早速本を読んで試してみると言ってました。

「上司が部下を見抜くには3年かかるが、部下が上司を見抜くのは3日で見抜く」 と言うのを忘れておりました。
実行する前にすでに見抜かれてなければいいのですが(笑)。

どの戦国武将が参考になるかと聞いてきましたので、具体的には立花道雪(元祖ベッキーさん(笑))、立花宗茂、武田信玄、徳川家康、豊臣秀吉・・・・・など織田信長以外なら結構役に立つと言っておきました。

朝倉宗滴の
「人をつかふに、二人こらへ候者あれば、譜第の者を召仕れ候也、其故は先内之者不届事を主人こらへ候、又主人に對し述懷を内之者こらへ候、如此互にこらへぬき候へば、子飼之もの餘多出來大事之時用に立候、大犯三ヶ條之科は、更に主人之成敗にあらず、此段右衞門大夫殿、宗滴へ直に被仰候事、」
は、上司が部下を使う場合、上司と部下の2人の人間が我慢しているのだという意味に捉えております。(単純に不満を堪えて召し抱えることができる者が2人いた場合には、譜代の家臣を選びなさいという意味ではないと思います。)
「人を使うときに二人候補があった場合、昔から仕えている方を選ぶべきで、その理由は、家来を使うと何か必ず不届きをするもので、主人であるあなたはそれをぐっと我慢する。でも家来の方も主人に対して申開きしたいことがあるのに、それを我慢している。そんなふうにお互い我慢しあっているうちに、昔から使っている人間は
いろいろ経験を積んで大事のことも出来るようになってるものです。主人がまず先に許せば、家臣も旧怨を捨て奉公するでしょう。」
今も昔も上司と部下はなかなか大変ですね。

そんな苦労に比べればディスカス飼育はまだ楽か(笑)


チビ水槽上段右端
W.W.F.F. WR19LS、その他の個体は個体としての素質は問題ないですが私の飼育技術の拙さで成長不良(目が大きくなったり痩せてきたり)となり将来が見込めないためにWR19LSの当て馬にしました。(WR19LS以外はそのくらい酷い状態でした)
WR84 1匹、残りの赤系は3/4 WR14RS(di)、青系はWB22S(lab) WB22Sはラボさんブリードの個体で非常に良かったのですが、引っ越し前の住まいで急激な飼育環境の悪化のために調子を崩してしまい、成長が見込めず当て馬にするしかありませんでした。1匹は片目がやられていますが大きくなりました。後の2匹も何とかというところです。
赤の色揚げのエサをあげていると青系にも赤が載るのですね。














こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : Discus ディスカス WWFF WR19LS WR14RS WR84 WB22S

comment

Secre

WB22S

こんばんは、らぼちゃん。

引っ越し直前の飼育環境は非常に悪く、多くの魚を落としてしまいました。
らぼちゃんのWB22Sも落としてしまい申し訳なく思っております。
青系にはあまり興味ないのですが、ブルーダイヤはいい魚ですね。
赤の色揚げを青系の魚に与えるのは邪道ですが、赤系メインなので仕方がないかな。

らぼちゃんの繁殖を楽しみにしております。
仔が取れれば再び飼育してみたいですね。
よろしくお願いいたします。

No title

嬉しいですねぇ。大事にしてもらえて。
赤揚げをやるとこういった表現になるんだって、
勉強にもなります。

片目がやられている子、色も濃くていいですね。
こうやって載せて頂けるとなんか励みになりますね。
今年も頑張りますので、見ていてください!!

ヒロリオンさんへ

おはようございます、ヒロリオンさん。

ヒロリオンさんの場合はバックグラウンド(習慣、価値観など)が異なるような方を率いて仕事を進めていかないといけないので大変だと思います。
私の場合は仕事はある程度の量は決まっていて、如何にクライアントに満足していただくか、そしてスタッフに気持ち良く働いてもらうかに重点を置けばいいので、その点はヒロリオンさんに比べると楽かもしれません。
部下を持つ際に戦国武将の本だけでなく帝王学の本も役に立ちますよ。歴史が好きで以前若いころに「貞観政要」も読んだことがありますが、これが結構今になって役に立ちますよ(笑)。

趣味の世界は仕事とは関係の無い部分で価値が共有できる、あるいは共感できる部分があればいいと思うので楽ではないでしょうか。ただ、趣味の世界で、~の会などでも男性は権力闘争が好きなのか、会長副会長など順列を決めたがりますね(笑)。
まあ、相模大野のお店に来て食事会などの会合に参加する人たちはディスカスに対してどのような魚が好きか、そして何を以って良しとするかの部分をそれぞれが明確に持っており、また他人の価値観は互いに違うことを理解した上で、他人の価値観を尊重しているのでお互いに心地の良い距離感や人間関係なのだと思いますよ。クラブみたいな型苦しい組織ではないですから気軽に参加したりしなかったりできるのでいいと思います。(クラブにはクラブの良さがありますが、相模大野温泉メンバーは現時点ではそれを良しとしていない(そこまで必要としていない)と認識しております、個人的には温泉メンバー同士では飼育技術、繁殖技術の向上での議論や話題が多いように思います。)

青系に赤の色揚げ・・・・ 私のWB22S(lab)も赤い色が載ってしまっております。


部下

もりげんさん  こんばんは

上記文には、学ぶことがあり深く反省しています。(笑)
人間関係って難しいですね

同じ考え方をもった人は、探すのに大変かも・・・
しかし相模大野に集まる、WWFFディスカス友は同じ魚を愛する者達が集まる私にとっては非常に居心地の良い場となっています。
今となっては、WWFFを定期的に輸入しているお店は、相模大野のお店でここに集まる人は全てレア中のレア魚ではなくレア人間となっているかも知れません

青系の魚に赤の色揚げをやるのは、私の得意中の得意です。
店長に怒られますがね(笑)


プロフィール

もりげん

Author:もりげん
台湾にあるWWFF (W.W.F.F. : World Wide Fish Farm) Discusが好きで、その中でも赤系、特にスポット系が大好きです。メールでのあて先は aerocabin@mail.goo.ne.jp までお願いいたします。
旧ブログ (もりげんのディスカス飼育日記 (W.W.F.F.ディスカス中心)) に引き続きまして当ブログもよろしくお願いいたします。

〔注意事項〕 このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、 コピー厳禁です。all rights reserved(無断複写・転載を禁じます)

ブログランキング
参加中のブログランキングです
banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

Twitter
Powered By FC2ブログ
FC2ブログ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブックマーク
関連ホームページ・ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。