相模大野のお店にて 2008.08.15

8月15日、ヒロリオンさんが相模大野のお店に来られるということで、私もちょうどタイミングよくその日は仕事が休みですのでお店に顔を出すことにしました。

ヒロリオンさんは私と同じくW.W.F.F.ディスカスが好きで青系をメインに飼育されておりますが、WR46N F1など赤系も飼育されております。柄の系統で言いますとスポット系、ライン系よりもソリッド系が好きなのかな。ヒロリオンさんとは以前相模大野のお店で一度お会いしましたが、時間の都合上あまり話をすることが出来ず、お店に来た際は一度ゆっくり話でもしましょうと言っていたところでした。私のブログにも積極的にコメントしてくださいまして、感謝しております。また相模大野店長ブリードのWR46N F1という品種で同腹のものを飼育しているところが共通しております。

ヒロリオンさんのブログ → WWFFディスカスと頑張れ阪神タイガース

相模大野のお店
は8月13日から17日まで開店時間が12時から20時までとなっておりましたので私は早めにお店に行くことにしました。朝9時に家を出て新宿へ。新宿からロマンスカーで相模大野か町田までと思っておりましたら12時過ぎまでの(下りの)ロマンスカーは満席ということでした。そんなわけで急行で行くことにしました。ヒロリオンさん、車で来ると言ってましたから渋滞とかに巻き込まれなければいいのですが・・・・ などと心配しておりました。
相模大野駅に着きましたが、開店の12時までは時間がありましたので駅の近所で買い物などをしていますとちょうどいい時間になり、お店へ。私が一番乗りで、店長さんはちょうど水換えをしていたところでした。
さて、今日は何人くらいお店に来るのでしょうか?などと考えているところ、店の外に車が。
BNRさん登場。

BNRさんは青系ディスカスを飼育されており、繁殖技術、育成技術は目を見張るものがあります。
相模大野の常連の方です。

BNRさんは最近ブログを開始されました。ブルー系ディスカスと猫ひろし ではなかった ブルー系ディスカスとネコです。

店長さんの水換えも終わり、BNRさんと3人で話をしていますと他のお客さんが何人か来られたりしてお店も賑わっておりました。ヒロリオンさんが東名高速道路で渋滞に巻き込まれているのではないかと心配になりメールしますと、やはり大渋滞に巻き込まれたとのことです。
そうこうしているうちにPAPAさんが来店。

PAPAさんは超強力パワフルブロガーで、W.W.F.F.日本広報部長となられた方です。
日本のヨン様(私はヨンよりもサンの倍数の方が個人的に好きですが)で広報部長が綴る PAPA vs MAMA 、PAPA vs 酒は結構好きですよ。そして来月台湾のW.W.F.F.に行かれるとのこと、PAPA vs LEOさんならぬ (日本の?いや相模の?)ヨン様 vs LEO様を楽しみにしております。 エイリアン vs プレデター のような戦いが日々繰り広げられているのでしょうか(笑)。

PAPAさんのブログ → PAPAのディスカス日記

PAPAさんとBNRさんは9月に台湾W.W.F.F.に行くとのことで、私が7月に行ってきたファームでの話などをしながら(BNRさんはすでに何度もW.W.F.F.に行ってますが、PAPAさんは9月が初めてのW.W.F.F.訪問になります)、台湾の話などで盛り上がっておりますと、本日のメインゲストであるヒロリオンさん登場。東名高速道路が大渋滞だったとのことで、原因は事故だったそうです。何はともあれおつかれさまです。
その後何人かお客さんが来られて色々と話が盛り上がりました。
店長さんの即席の講義も非常に役に立ちました。ディスカスの体型についてこんなに奥深いものがあるとは思いませんでしたよ。
ヒロリオンさん、遠路はるばる、それも沖縄旅行の後で疲れも完全に取れていない時期におつまれさまでした。その上、お土産までいただきまして本当に感謝しております。
WR46N F1はお店に残っている個体については成長の個体差があり、それらの大きさを比較してこの大きさでは順調に大きくなる、この大きさだと難しい、この大きさだと多分アウト(ある程度の大きさになるかもしれませんが、多分フルサイズまでは大きくならない)など丁寧な説明を受けれました。ヒロリオンさんのところも今岡君(ここをクリック)もエサを食べるようになったとのことでよかったと思います。


WR46N oya 500
ヒロリオンさん、そして私のところで飼育しているWR46N F1の親です。
このオスとメスで相模大野のお店の店長さんが繁殖させました。
相模大野のお店にて撮影しました。



我が家のWR46N F1です。

WR46N F1
この個体は一番大きな個体で、WR46Nの一番小さい個体に大きさが追いつきつつあります。
オスかな?


WR46N F1

WR46N F1
この上の2匹は大きさ的には2番手。1番大きな個体よりもラインの出現が少なく、赤みが強いです。
ここまでは大きさ的には問題ないでしょう。





WR46N F1
このあたりの大きさは店長さんに教えてもらったことから自分なりに考えて、アウトかあるいは(今後フルサイズまで大きくするのが)厳しいというラインか。

まあ、大きいほうから3匹は成長は順調で今後の成長も見込めるのではないかと考えております。
(ちょっと甘く審査してみました)
WR46N F1は全ての個体がエサ食いがよく、当て馬(WR75×WR76、店長ブリード)を全て水槽から出してからは、現在水槽内にいる個体が大きくなったものもありますので、小さな個体も何とか大きくなってくれないかと期待しておりますが、妄想ですね。

ここから先は相模大野のお店が好きな理由が書いてますので、そんなお店興味ないわ。もしくは他人(もりげん)の行きつけのお店の話など読んでも仕方がないと思う人は読まないでくださいね。
(後でお前の書いた文章を読んで気が滅入ったなどと苦情が来てもイヤですので)
ここから先は読みたくない人のために少し行を空けておきます。ここから先は自己責任で読んでネ。
W.W.F.F.ディスカスが嫌いな人もやめておいたほうがいいかも(そんな人はそもそもこんなブログ読まないですね)




















色々なディスカスを飼育してきて最終的には原種、そして改良種はW.W.F.F.が私の好みに合うことが分かりました。ワイルドかW.W.F.F.か、私の飼育環境では両方の飼育は難しいのでどちらか一方ということでW.W.F.F.ディスカスを選びました。
W.W.F.F.ディスカスを扱うお店の中で我が家から比較的近く(2008年8月現在、実質的にW.W.F.F.ディスカスを日本国内で扱っているお店はここだけですね、私個人はそう認識しております)、店長さんはW.W.F.F.ディスカスに心底惚れてW.W.F.F.ディスカスを扱っております。(Sunny氏の)旧W.W.F.F.が閉鎖となり、その後(LEOさんの)新生W.W.F.F.が立ち上がるまでの間もワイルドのみを扱っておりました。
このお店はW.W.F.F.ディスカスとワイルドを扱うという点で、全然ブレておりません。このあたり、流石だと思いました。
W.W.F.F.ディスカスの鑑識眼は超一級で私の好みのディスカスは把握してくれており、店長さんにお任せしておけば大丈夫です。また、ディスカス飼育に関しても非常に面倒見がよくて、またアドバイスも適切です。この店長さんのおかげで私は今までディスカス飼育はやってこれたのだと思います。
また、お店の雰囲気も非常によくて、緩い感じがして私にはいいですね。
こちらが求めればそれだけのもの(ディスカスや知識)を与えてくれますし、ディスカスも無理には薦めてきません。例えるなら温泉のような居心地の良さではないかと思います。相模(大野)温泉(郷)という表現はなかなかいいのではないかなぁ。出入り自由、強制はしなくて体育会系のようなノリではなく緩い感じで、いい意味で熱くなくていい湯加減、そしてそれぞれ互いを尊重した同士が集う場所とでもいうべきかな。
(私はお店に来る以外の他の方のことは知りませんし、他のショップも知りません。ですのであくまでも私が相模大野のお店に対して感じたことを書いており、他のお店やそのお客様に対しては他意はございません。)







こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : WWFF Discus ディスカス WR46N NEOWING

comment

Secre

飼育する楽しみ

おはようございます、ヒロリオンさん。

ヒロリオンさんは青系が好きですよね、赤系はWR46Nを飼育されているのでソリッド系が好きなのかな、と思っておりました。ヒロリオンさんはWR46系統に思い入れがあるのですよね、思い入れのある品種があるというのは本当に良く分かります(私はWR56SとWR70系かな)。
WR46Nについては飼育が難しく(これでもWR46Sよりは容易になったらしいです)、水質に慣れるという問題も考えますと
成魚サイズの大きなものを購入するよりも、小さいサイズで(それでもある程度の大きさは必要ですが)飼育をスタートするのがいいのかなと感じました。成魚になってからファームから我が家に来ると水質に慣れるのが大変で、その点、幼魚ですと我が家への水質への適応も早く、適応力もあるのではないかと思います。
小さいサイズから大きく出来たときの喜びというのは大きいです。WR46N(http://wwffdiscus.blog64.fc2.com/blog-entry-3.html)は本当に赤くなって嬉しかったですね。小さいサイズからの飼育は大きく成長させられないリスクもあるかもしれませんが、大きくする楽しみもあり、自分の手で大きく成長させる喜びと柄の変化を見ることが出来る楽しみがあると思います。こうやって同じ腹から生まれたWR46N F1を飼育するという共通項があり、それは飼育するものだけが共有できる感覚、苦労などがあるのだと思います。自分ひとりで店長さんの指導を受けながらディスカス飼育をするのの悪くないですが、ヒロリオンさんのような方と同志になれて本当に嬉しく思います。

WR46N

もりげんさん こんばんは!

ご紹介していただき、ありがとうございます。

私は、青系が好きです。もりげんさんもご存じだと思いますが、でもこのWR46Nにも格別な思いがあります。

W.W.F.F.で作出された、WR46系統は純系ならではの難しさ(飼育、繁殖)があると思いますが

それ以上に、飼ってみた人にだけわかる楽しさがあると思います。(以前飼っていたのがWR46です)

もちろん、どれくらいのサイズで飼うかにもよりますが、私のあのサイズで購入した時は差し金で計って約10.5センチです。

小さい時に、購入すればするほど難しいと思いますが、楽しさは2倍、3倍あるのではないでしょうか?
プロフィール

もりげん

Author:もりげん
台湾にあるWWFF (W.W.F.F. : World Wide Fish Farm) Discusが好きで、その中でも赤系、特にスポット系が大好きです。メールでのあて先は aerocabin@mail.goo.ne.jp までお願いいたします。
旧ブログ (もりげんのディスカス飼育日記 (W.W.F.F.ディスカス中心)) に引き続きまして当ブログもよろしくお願いいたします。

〔注意事項〕 このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、 コピー厳禁です。all rights reserved(無断複写・転載を禁じます)

ブログランキング
参加中のブログランキングです
banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

Twitter
Powered By FC2ブログ
FC2ブログ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブックマーク
関連ホームページ・ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示