スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



忘年会

先日は相模大野のお店の忘年会がありました。総勢8名、町田の「味ん味ん」で非常に楽しく過ごすことができました。W.W.F.F.ディスカスが好きという価値観を共有できる同士たちとの時間は有意義でしたよ。
来年は世間は今年にも増して厳しい年になるかもしれませんが、また新年会や忘年会などの飲み会や食事会が出来ることを願っております。

みなさまにとって来年は(来年も)良い年でありますように。



wr76.jpg
WR76 (Red Spotted Dream)
順調に成長しているようです。
おでこも出っ張らずに体型もいい感じ。クロワッサンのようなレッドスポット(クレセントスポット)があり、将来に期待できます。柄も体全体にのっているので安心ですね。頭部のところのラインの入り方が横一直線ではなくゆるい波型(ひらがなの「へ」のような感じ)ですが、パッと見てすごく目に附く縦のライン(数字の「1」やひらがなの「く」のような感じ)などはないのでいいと思います。
WR19LSに似た雰囲気もありいい感じかな。以上全て私の個人的、主観的な感想です。



以前の私の育てたWR19LS(F9)のことを書いた日記に対して、「そんなに痩せているのか?」という質問が来ましたのでそれに対する私の考えを。
まずは私が痩せていると言ったWR19LSの写真を。

wr19ls_20091222165914.jpg
W.W.F.F. WR19LS (Red Spotted Green Leopard Skin)

比較すべき個体を探してみました。
WR1Sが比較的WR19LSに近いと考えられますので、その写真を。

wr1s_20091222074100.jpg
WR1S (Super Red Spottted Brilliant)
前に出てこないのでなかなか写真が撮れません。
2度ほど体調を崩しており、パーフェクトな成長からほど遠いかもしれませんが(背中の肉が落ちています)、上のWR19LSと比較して肉付きがいいことが分かります(WR19LSは平べったい感じですが、WR1Sの方は肉厚があるのが写真で分かるかなぁ)。


後、ディスカス飼育において「誰を師とするか、師匠選びが大事」と書いたことに対してどうやって選べばよいのかという質問がありました。
師とすべきでまず思い浮かぶのはディスカス専門店の店主さんたちだと思います。
(アマチュアの方でも確かに上手な方はいますが、周囲にいないとなかなか分かりませんからね)
その店が扱っている魚を見るのはもちろんですが、お店のブログを見るのもいいかもしれません。文章の巧拙は確かにありますが、店主さんの人となりが文章に表れていると思います。
色々なお店のHP(ブログ)を見ますが、全然接点がありませんが良さそうなお店もありますし、そうでないお店もありますね。見ていて楽しくためになることが書かれていることもあれば、見ていて不快になることを書いているお店もあります。批判というのも正確な事実に基づいたものならいいと思いますが、見ていて腰を抜かすようなトンデモない事実とは異なるようなある意味中傷めいたことを平気で書いているのもあります。そのような中から自分の師ともなるべき人を見極めるのも本人の力量ですね。

今後、少なくともここ数年は日本の景気は悪化、良くて横這いだと思います。人間が生きて行く上で不可欠でない趣味の領域であるディスカス、そしてディスカス界も厳しくなってくると思います。ディスカス界を先導するディスカスショップのプロの方たちはディスカスに対する価値観の多様性(自分がこう思うから他人も同じように思うべきという考えではなく、他人は自分とは違う価値観を持っている)を受け入れて、いがみ合うことなく他者の存在を認めて共栄共存を図り(無理に纏まれと言っているわけではありません)、ディスカス界が盛り上がり発展していくことを1人のディスカスファンとして願っております。ディスカスも多様性があるからこそ面白い、そしていいのだと思います。
(まあ、ディスカスの中でもマイナーなW.W.F.F.ディスカスファンの独り言ですから軽く流してください。あくまで私一個人が主観的に思ったことを書きとめただけでショップ批判などの他意はありません。)


硬い話はこれまでにして
You Tube で面白い画像を見つけました。数字の部分をクリックしてみてください、クリックしてのお楽しみ(笑)。
その1
その2
その3


















こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



スポンサーサイト

theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : ディスカス Discus WWFF WR19LS WR1S WR70 WR14RS WR70Y 台湾 WR70LS

宇宙戦艦ヤマト 復活編

宇宙戦艦ヤマト 復活編」を観て来ました。
非常に期待していたのですが・・・・・
一言で言えば上映時間の中であまりにも多くの話を詰め込みすぎで消化不良のようです。
宇宙戦艦ヤマトのファンは観に行ってもいいと思います。

これから観に行く方は先にこれを観てから行った方がより楽しめると思います。
宇宙戦艦ヤマト復活編メイキング1
宇宙戦艦ヤマト復活編メイキング2
宇宙戦艦ヤマト復活編メイキング3


こんなCMあったんですねぇ、知りませんでした。
クロネコヤマト1
クロネコヤマト2

これはウケタ → ここをクリック
紅茶を飲みながら観ていたら思わず吹いてしまった(笑)。


今日の一枚

wr70kai
WR70 (Schmidt Focke Red Spotted Green)
柄の奇麗なピークは過ぎて年は取ってますが、我が家で鑑賞するのにはまだまだ大丈夫です。
個人的には少し大きくなりすぎたか?と思っております。大きいことはいいことなのでしょうが、程度というのがありますからねぇ。







こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : ディスカス Discus WWFF WR19LS WR46N WR70 WR14RS WR70Y 台湾 宇宙戦艦ヤマト

ちょっとした工夫




wr19ls.jpg
W.W.F.F. WR19LS(F9)

wr19ls 2
WR19LS(F9)の肉付きを少しでも良くするためにハンバーグと冷凍赤虫の投与回数を少し増やしました。
冷凍赤虫は以前よりメキシカンハットに入れて投与しておりましたが、ほぼ1シートの分量に近く入れておりましたが、半分くらいに減らすと冷凍赤虫がメキシカンハットの穴よりうまい具合に流出します。ほぼ1シートの分量ですとその重みと間断なきディスカスたちの突きによりメキシカンハットが底に落ちてしまいます。
ある程度エサをあげた後で、メキシカンハットに冷凍赤虫を入れるようにしています。
WR19LS(F10)の方はエサ食いは普通ですが、冷凍赤虫を入れたメキシカンハットにエサを取りに突きに行くことは ないようです、飼い主に似て内気で気弱なのでしょうか?


水換えの時に、注入時に目を離したスキに水が溢れそうになった時がありましたが、それ以来キッチンタイマーで数分間の設定をしております。何度も水換えを経験しておりますとだいたいどのくらいの時間で水槽が満水になるかある程度の予測ができますので、その8割くらいの時間でキッチンタイマーをセットしております。個人的には結構重宝しており、いいアイデアだと勝手に自分で思っております。

さて、20日には(ヒロリオンさんを取り囲む)忘年会ですね。
楽しみにしております。











こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : ディスカス Discus WWFF WR19LS WR46N WR70 WR14RS WR70Y 台湾 WR70LS

WR19LS (F9) の総括

今回はWR19LS (F9) の個体について自分なりに今までの飼育の総括をしてみたいと思います。
今から書くことはあくまでも私一個人の考えで他意はありません(深読みしないでくださいね(笑))。
個人的な備忘録(メモ)です。面白くないと思いますし、全く参考にならないと思いますのでそのあたりを考慮の上よろしければ読んでください。


wr19ls hidari
W.W.F.F. WR19LS (Red Spotted Green Leopard Skin)
つい先日に撮影したものです。
ファームにいるWR19LSのような奇麗さはないのはなぜだろう・・・・
私の飼育スキルとしてはWR19LSがここまで育ったのですからこれで良しとすべきところなのでしょうが、W.W.F.F.で観たWR19LSの成魚の姿が忘れられません。目標は高く、目指すはファームレベルの個体。
現時点でのWR19LSの自己評価については後程述べていきますが、先にこのWR19LS (F9) の成長を振り返りたいと思います。

19ls
2008年8月ファームにて撮影

WR19LS
2008年9月

WR19LS
2008年12月

WR19LS
2009年2月

WR19LS2_convert_20090421142742.jpg
2009年4月

WR19LS2_convert_20090607062628.jpg
2009年5月

19ls_convert_20090708132226.jpg
2009年7月

19lskai2.jpg
2009年8月

WR19LS
2009年11月

時系列に見て行きますと成長の様子が分かりますね。
少なくとも2009年半ばまでは成長は順調で8月から後に調子を崩したものと考えるが妥当だと思います。
しかし、私には写真を見る限り2009年5月の写真と7月の写真を比較してボディの肉付きが落ちているようにも思います、この時点で少しでもそのことを意識していればよかったかと反省しております。個人的には(W.W.F.F.の)WR19LSについては飼育レベルの難しさはW.W.F.F.ディスカスの中で別格であると思い、エサ食いなどについて注意深く観察していたつもりでしたが、結果的にWR19LSを飼育するのに必要とされる観察レベルを満たしていなかったのだと痛感しました。
大きさに関してはファームレベルの足元にも及びませんが自分としてはかなりのところまで持っていけのではないかなと考えております(予想以上でしたので・・・・少々甘い評価でしょうか)。

wr19ls cutkai
一番最近の写真のWR19LSのところをアップしてみました。
bodyを2つに分割し、頭側と尾側をそれぞれbody前半部分、後半部分に便宜上分けてみました。
(全体的に以前と比べると褪せておりますが)body前半部分に比較して相対的に後半部分が色が褪せているのは、柄が完成するまでに体調を崩したということの何よりの証明になりますね(柄が完成してから調子を崩していれば色褪せ方がbody全体になるとかんがえられますし、この個体の場合、年齢から考えて、また柄の変遷を見ますと柄が完成してから調子を崩したとは言えない)。また、body後半部分の背中の肉付き落ちていることやbody全体が痩せ気味であるというのは、大きくなってから調子を崩したということを示していると考えられます。目の上の部分の顔の肉付きが落ちているのも痩せているのを示しているのではないかと思いますし、目もキュっとしまった感じもない(上手い表現ではないですが)のも成長が芳しくないことを示しているのではないかと。魚の老化が始まったというには時期的に早すぎるので、体調を崩してこのような状態になったと考えるのが妥当でしょう。自分で色々と考察してみてこのような結論が導かれたのは酷いことですが、まあ今後に生かすしかないということだと思いますし、この個体も自宅で飼育して鑑賞する分には思い入れの自己満足で問題ないと考えております。
W.W.F.F.リリースのWR19LSという品種自体貴重ですので余計にこのような調子を崩したことによる痩せや色褪せは悔しいですね、ここから何とか立ち直らせたいと真剣に考えております。
WR19LS(F10)は必ずやファームに泳いでいるWR19LSのようなあの奇麗な個体を我が家の水槽内で再現できればと願っております。それには今まで以上に飼育スキルを上げること、そして観察力を付けること、観察すべきポイントを見極めなくてはいけません。店長さんに今後どうすべきか相談して貴重なアドバイスをいただきました。LEOさんがこの個体を100%オス(male)とコメントした根拠も店長さんの考えを教えていただき、本当に参考になりました。


1hf.jpg
WR1HF (Red Spotted Brilliant High Form)
この個体は調子を崩して相模大野のお店に入院したり、我が家に戻ってきてもまた調子を崩して稚魚たちのチビ水槽に入れていた時期もありました。残念ながらこれ以上の成長は望めませんが、柄に関しては体調を崩して色褪せた割には戻してきているように思います。WR19LS(F9)もせめてこれくらいの柄のように戻ってくれればと期待しております。


WR19LS
WR19LS (F10)
今度のWR19LSはWR19LS(F9)と比べて我が家の導入時点である程度柄が出てきており将来どのような柄になるかはある程度予測できるのではないかと考えております。調子を崩さぬように注意深く観察していきたいと思います。再来年明けまでが勝負時期だと考えております。写真で見ると個体のクオリティはF10の方がF9よりもいいと思いますし、LEOさんがこのようないい個体をわざわざ私に分けてくださったわけですから、その意味を深く噛みしめて丹精込めて育てていきたいと思います。目指せ、ファームレベルの個体。F9での失敗を教訓として頑張りたいです。
ディスカスの繁殖に挑戦してみたい気持ち(現時点では現実には不可能ですがいつか・・・)が心の奥底に燻っておりましたが、そのような迷いは吹っ切れました。W.W.F.F.のWR19LSを自分の納得出来るように育て上げるくらいのレベルにまで達してからですね、繁殖に挑戦するのは。ある意味、W.W.F.F.のWR19LSを育て上げるのは繁殖よりも面白いかもしれないと個人的には(あくまでも個人的に)思っております。W.W.F.F.ディスカスは本当に奥が深いですね。
WR19LSを極めたい、そんな目標が出来てモチベーションが上がってきましたよ。













こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : ディスカス Discus WWFF WR19LS WR46N WR70 WR14RS WR70Y 台湾 WR70LS

プロフィール

もりげん

Author:もりげん
台湾にあるWWFF (W.W.F.F. : World Wide Fish Farm) Discusが好きで、その中でも赤系、特にスポット系が大好きです。メールでのあて先は aerocabin@mail.goo.ne.jp までお願いいたします。
旧ブログ (もりげんのディスカス飼育日記 (W.W.F.F.ディスカス中心)) に引き続きまして当ブログもよろしくお願いいたします。

〔注意事項〕 このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、 コピー厳禁です。all rights reserved(無断複写・転載を禁じます)

ブログランキング
参加中のブログランキングです
banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

Twitter
Powered By FC2ブログ
FC2ブログ
検索フォーム
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブックマーク
関連ホームページ・ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。