W.W.F.F.訪問紀行(4回目)

2009年7月17日より20日まで台湾に行ってきました。

目的は
1) W.W.F.F.訪問
2) 観光

です。今回でW.W.F.F.訪問は4回目で、前回訪問 (http://wwffdiscus.blog64.fc2.com/blog-entry-7.html) よりちょうど1年になります。
今回は観光、その中でも鄭成功ゆかりの地である台南を見物したいと考え、普段なら2泊3日であったのをもう1日増やして3泊4日としました。

今回の旅行の予定を大まかに
7月17日 成田空港 → 桃園国際空港:台北  台北泊
7月18日 台北 → 台中(台湾新幹線) → W.W.F.F. 台中泊
7月19日 台中 → 台南(台湾新幹線) 台南観光 → 台北(台湾新幹線) 台北泊
7月20日 桃園国際空港:台北 → 成田空港

今回利用したのはキャセイパシフィックで2回目のファーム訪問と同じ便です。
CX451  成田発15:55 台北着 18:30
CX450  台北発12:50 成田着 17:10

初日(7月17日)
出発当日11時40分に新宿の小田急改札口で店長さんと待ち合わせ、軽く食事を済ませて成田エクスプレスで新宿から成田へ。成田で搭乗手続、出国審査を受けて出発まで時間がありましたのでラウンジへ。搭乗時間になりましたので飛行機に乗り込み、飛行機は一路桃園国際空港へ。機内食は牛肉を選びましたがなかなか美味しかったですよ、前回とは違ったタイプの座席でした。

CX_seat_03.jpg cu09050641_convert_20090721103101.jpg
今回が左のタイプの座席で、前回が右のタイプの座席

飛行中は食事のサービスも一時中断するくらいの揺れもありましたが無事に桃園国際空港へ到着。店長さんが車のチャーターをすでに旅行前から手配しており、すでに空港で待ってくれておりました。
まずはこの日宿泊する 華国大飯店(Imperial Hotel) にチェックイン。

P1030085_convert_20090721130519.jpg P1030084_convert_20090721130435.jpg P1030083_convert_20090721130351.jpg
ホテルの内装はクラシックな感じで部屋もいい感じ

P1030093_convert_20090721131340.jpg P1030092_convert_20090721131247.jpg
夕食は 「頂翅魚翅餐廳」 というお店に行きました。

P1030087_convert_20090721130945.jpg P1030089_convert_20090721131030.jpg P1030090_convert_20090721131107.jpg
フカヒレ、アワビ、伊勢海老などどれも本当に美味しかったです。

食事の後は 「豪門世家理容名店 (Dynasty Barber Shop)」 で2時間の全身マッサージを受け、ホテルへ。夜中「ドラゴンクエストⅨ」をやっているうちに会心(痛恨?(笑))の熟睡。




2日目(7月18日)
朝は目覚まし時計をかけずに自然に起きることができました。
ホテル2階のTomatina Cafe (トマティーナ.カフェ)で朝食、美味しかったです。
台北から台湾新幹線で台中へ。

P1030097_convert_20090721140805.jpg P1030198_convert_20090721140941.jpg

台中駅のスターバックスでお茶を飲み、駅の外に出て待っていますとLEOさんが自家用車で迎えにきてくれました。
ファームに行く前にランチでも行きましょうということで、私は前回訪問時に、今度来た時はヨーロッパスタイルのチキンを食べに連れて行ってくれるという約束を覚えておりましたのでリクエストしましたら快くOKしてくださいました。

P1030120_convert_20090721143624.jpg P1030115_convert_20090721143512.jpg P1030102_convert_20090721143328.jpg
安妮公主花園
山の中の不便なところにあるにもかかわらず、多くの人が食事をしに来ておりました。
シェフの腕がいいと評判とのこと、地元の方に有名で日本人は店長さんと私だけでした。


P1030111_convert_20090721144632.jpg
LEOさんお薦めのチキンです、これを食べる日をどれほど待ち望んだことか(笑)。
ものすごく美味しかったです。

P1030112_convert_20090721144414.jpg
LEOさんが食べているビーフが美味しそうでしたので、更に追加してビーフも食べてしまいました。
安妮公主花園で食事の後、いよいよW.W.F.F.へ。
ちょうど1年ぶりですね。
ファームに着くと、LEOさんの部屋に案内されてしばらく休憩。LEOさんの作った戦車が置かれておりました。シュビムワーゲン(水陸両用車) 、ヤークトパンター、ティーゲル?)
見てみると第二次世界大戦のドイツ軍の戦車ばかりではないですか。さらにまだ制作していない大きな箱のものを見ると列車砲(クルップK5、ロベルトかレオポルドだったかな??)まであるではないですか、本当に好きなんだなぁと思いましたね。私はドイツ軍の戦車はあまり詳しくないので記憶違いでしたらゴメンネ。
LEOさんは多分、機能美が好きだと思いましたので日本の戦車を薦めても仕方がないと考え、日本の軍艦を薦めました。大和(宇宙で波動砲をぶっ放さない方)、武蔵などは作り応えがあると思い、話してみると信濃や翔鶴、瑞鶴も知っていましたので日本海軍艦艇についても詳しいようですね。
しばらくの休憩が終わり、私は店長さん、LEOさんと別れて今回私が購入する1匹を探すためにファームの水槽群の中へ。全部の水槽をざっと流して見て、その中でいいと思う水槽が何個かあり、今度はその何個かを丁寧に見ました。30分くらいで店長さんから気に入った魚は見つかりましたか?と聞かれ、何匹か候補を挙げました。
ものすごく小さいものは私の飼育スキルでは無理ということで却下されました。
今回の購入候補に私が考えたのはやはり赤系のスポット系ということで
WR1S
WR19LS
WR89
です。
WR1Sは大小2匹が候補に入りました 大きな方は9cmオーバーです。大きな方は売ってくれないでしょう
WR19LSは15cm、まあこれはさすがに売ってくれないだろう
WR89、新種ですが数が少なくその中でもピカイチのものが欲しいと言っているから無理でしょう

多分WR1Sの小さいのを購入することになるのだろうなぁ。と思っておりました。
店長さんにLEOさんと話をしていただきまして
WR19LS 15cm(混泳水槽)
WR89   9cm
のどちらでも好きな方をということになりました。

さてここからが悩みどころです。
散々悩み結局WR89を買うことにしました。
本当に悩みました、WR89のこの個体がいなければWR19LSに行っていたでしょうね。
夢にまで見たWR19LSだったのですが(笑)。
なぜWR89にしたかといいますと、去年買ったWR19LSが今回購入したWR89とちょうど同じくらいの大きさで夢よもう一度というのがあったのかもしれません。後、15cmサイズのWR19LSですと日本の水への順応性が小さいサイズに比べて格段に低いように感じます。私が飼育した中で飼育難易度の高いWR19LSやWR46Nは特に顕著だと思います(個人的思い込みかもしれません)。後、このWR89は10匹ほどいた中でピカイチの個体で今回買わなければ次は絶対に買えないと考えました。
私が繁殖にチャレンジするのであれば、間違いなくWR19LSでしょう。今回のファームのWR19LSはオスですので、相手候補のメスは我が家ではWR19LS(LEOさんいわく、80%の確率でメス)、WR54Sなどがおり、困ることはないのですが、繁殖させる環境とそれだけのスキルがないですからね。
WR19LSも9cmサイズで買ってきて我が家で大きくしたいと思っております。このサイズから大きくすると成長に伴う柄の変化が楽しめるのですよ。

P1030171_convert_20090721085608.jpg

P1030161.jpg P1030167.jpg
P1030168.jpg P1030163kai.jpg
以上全て同一個体
WR89 Treasure? Treasure LS?
LEOさんにとってTreasure(宝物)なんでしょうね、譲っていただいた私はPleasure(喜び)、ULTRA Pleasureでしょうか。WR19LSは必ずやLEOさんが今のファームのペアの中から新しい世代の仔を取るはずです。9cmサイズに期待しております。

選んだ後は店長さんが魚をセレクトする間、LEOさんに色々と教えていただきました。
非常に飼育上で参考になることや、青系の魚についてはディスカスの雑誌の写真などを見せてくれながら血統について説明を受けて充実した時間を待ち時間を過ごすことができました。

W.W.F.F.ではソリッドレッドが人気があるようですので何点か写真を。
WR89を選び終わってからですので気が抜けております(笑)。

P1030142.jpg
WR46NかWR46HFだったかな?

P1030145.jpg
WR38S

P1030155.jpg
P1030156.jpg
WR38RS?
2匹とも顔が可愛くて大きくなってもイエローボディなら欲しいなと思ったのを覚えております


店長さんの買い物、私の購入魚選びも終わり、夕食を食べに行こうということで「長栄桂冠酒店(台中) エバーグリーン・ローレル(Evergreen Laurel Hotel Taichung)」のカフェローレルへ。

P1030192_convert_20090721150324.jpg
フィレステーキ 
昼食は美味しかったですが、夕食も美味しかったです。

LEOさんにこの日宿泊する「台中亞緻大飯店 (Hotel One Taichung)」まで送っていただきました。LEOさんとはここでお別れ。

P1030193_convert_20090721150921.jpg P1030194_convert_20090721151030.jpg P1030195_convert_20090721151227.jpg
前日宿泊した 華国大飯店(Imperial Hotel) とは逆で2007年に出来た新しい
ホテルでモダンな感じです。高速インターネット回線もあり非常に便利でした。
この日はドラクエもせず早く寝てしまいました・・・・・・


3日目(7月19日)
朝、6時頃に目が覚めました。本当に熟睡しましたね。
この日は1日フリーで台南に観光に行くことになっておりましたが、おりからの台風で台南観光は無理と思われる気象予測、そしてLEOさんも昨日に明日(7月19日)の台南観光は非常に難しいとの見立てでした。私はどうしても台南観光に行きたいという思いがあり、その思いが天に通じたのか晴れているとのことでした。
朝食をホテルで摂りましたが、ここも美味しかったです。
タクシーで台中駅(新幹線)まで行きましたが、このホテルはタクシーに乗る際にホテルの方が割引券をくれたので少し安くなりました。
以前泊まったThe Landis Taichung Hotel (現在はTempus Hotel Taichung) よりもいいかなと思いました。
新幹線で台中から台南へ。
今回の旅の目的の一つが、観光。
鄭成功を祀ってある「延平郡王祠」を見に行きたかったのです。
台南へは新幹線で。
台南はとにかく暑い、台北とは全く異なる熱帯性気候です。まさに南国という感じですよ。
まずはタクシーで赤嵌楼へ。(ガイドブックで台南駅から徒歩何分と書いてあってもそれは在来線の駅からで台湾新幹線の台南駅はずっと離れています)


赤嵌楼(せきかんろう Chikan Tower)
1653年にオランダ人によって建設された城です。正式名称がプロヴィンティア(Provintia)、普羅民遮城、別名が紅毛楼、赤嵌楼です(赤嵌楼で名前が通っておりますので以下赤嵌楼の名称を使います)。鄭成功政権下では東都承天府と名が改められ最高行政府が置かれました。


P1030199.jpg 海神廟

P1030202.jpg オランダ軍が鄭成功に降伏するところ

P1030211.jpg 鄭成功

赤嵌楼から延平郡王祠へはタクシーで移動



延平郡王祠
台湾の英雄である鄭成功の功績を湛えて鄭成功が没した1662年に建てられたものです。
建設された当時は開山王廟と呼ばれておりました。日本統治下の1896年には開山神社と名を改めましたが、第二次大戦後には中華民国政府によって社殿が建て直されて今日に至ります。

P1030225.jpg 馬に乗る鄭成功像

P1030218.jpg 鄭成功文物館

P1030219.jpg 鄭成功廟

P1030221.jpg 鄭成功

P1030223.jpg P1030224.jpg
鄭成功の腹心である甘輝、萬禮両将軍も祀っておりました

鄭成功については、英雄・国姓爺合戦 がDVDで発売されています。私は観ましたが結構面白かったです。日本の国際派女優も出演してますよ。


その次は「開基武廟」に行きました。
細い通りの奥にあり、ちょっとすれば見落とすところでした。
1669年に建てられたとのこと、地元民の信仰も厚いようです。
厳かな雰囲気もあり、写真撮影を忘れてしまいましたよ。
台南は今回行った以上に史跡が存在するようで、今度行くときは台南に1泊してゆっくりまわりたいですね。台南の観光史跡の多くは在来線の台南駅の周囲1km以内に存在するようで、歩いて回るのにもいいかもしれません。

タクシーで台南駅に戻り、新幹線で台北へ。
この日宿泊する シェラトンタイペイ (喜來登大飯店) へチェックイン。
初日に宿泊した台北華國大飯店とは対照的に非常にモダンな感じでいい感じの部屋です。
ホテルの近くに店長さんが馴染みの清馨茶荘があり、歩いていきました。
ここでは色々なお茶の試飲をさせてくれ、またお茶の煎れ方も教えてくださいました。またお茶を買う時の注意点なども教えていただくことができて非常によかったです。私は東方美人茶、凍頂烏龍茶などを購入し、急須も同時に購入しました。ここのご主人の林さんに「紅茶が好きでしょう?」と言われました。私はお茶の苦味に敏感なようです。
その後、時間がありましたので九份に行きました。前回行った時は日没後でしたが、今回は日没前に到着しました。
九份の街を散策、今回も前回と同じクリスタルの関羽を買ってしまいました(どこに置くねん(笑))

P1030229.jpg P1030231.jpg
P1030236.jpg P1030240.jpg
P1030244.jpg P1030254.jpg
九份からの景色、日没前から日没後まで

この後は台湾最後の夜の夕食です。
九份の帰りに運転手さんが美味しいお店があるというので、そこに案内していただきました。
阿珠老店という鼻頭にあるお店で、九份より台北から遠いところにあります。
鼻頭でとれたばかりの新鮮な魚介類が生簀にならび、それをチョイスして調理してもらうもので運転手さんも交えて三人でウニ、伊勢海老、上海蟹、アイナメをいただきました。


伊勢海老       P1030257.jpg
でかい伊勢海老、20分後には右のような姿に。伊勢海老の味噌汁も美味しかったぁ。

P1030256.jpg

帰りに豪門世家理容名店でマッサージを受けてきました。
マッサージの後は士林夜市を散策、タクシーでホテルに帰り就寝。


4日目(7月20日)
熟睡できて気持ちよく目が覚めることができました。
朝食はホテルのキッチン12で。この日もシェフが目の前で作るオムレツを3個食べました。
3日間宿泊した中で、ここのオムレツが一番美味しかったように感じます。
清馨茶荘の林さんから店長さんに電話があり、昨日お茶を買ってくれたお礼に帰る前にお茶でもどうですかということで早速行きました。ホテルからは非常に近く徒歩3分くらいの距離です。
お店でお茶をいただき、その中に紅茶(台湾紅茶)もありましたので購入しました。
桃園国際空港まで行き、搭乗手続き、出国手続きを済ませ空港内にある国立故宮博物院のミュージアムショップで買い物、その後ラウンジで軽食を摂り、時間となり搭乗。
日本には予定通り無事到着、成田で軽食を摂り、成田エクスプレスで新宿へ。
ここで店長さんとはお別れ。

本当に楽しかった旅でした。
店長さん、そしてLEOさんにはお世話になりました、清馨茶荘の林さんにも色々とお茶やその他について教えていただき勉強になりました。


おわり








こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : 鄭成功 赤嵌楼 Hotel One Taichung 台中亞緻大飯店 安妮公主花園 華国大飯店 豪門世家理容名店 台湾新幹線

W.W.F.F.訪問と台湾紀行 (1回目)

以前のブログ (もりげんのディスカス飼育日記(W.W.F.F.ディスカス中心)) にありますのでそれと重なる内容です(自分なりに読みやすいように纏めただけです)。あくまでも自分のメモ用に書いておりますので、以下読まれる方はその点にご注意ください。


以前より相模大野のお店の店長さんより、W.W.F.F.(World Wide Fish Farm) Discusを飼育しているのならば、絶対にファームに魚を見に行ったほうがいいですよ。ぜひ一緒に行きましょう。というありがたいお誘いを以前より受けておりましたが、以下の理由からなかなか踏ん切りがつきませんでした。
1) 仕事の関係上2泊3日の休みがなかなかとれない
2) 私は高所恐怖症で飛行機が大の苦手(今でもあんなでかいものが空を飛ぶなんて信じられない)
3)W.W.F.F.に私が行かなくても店長さんが私にあったいい魚をセレクトしてきてくれる
4) 海外旅行は面倒くさい(英語を話すときに考えなくてはいけないし、国内旅行の方が慣れている)


2007年2月10日から12日までは休みが取れましたので2006年の末に店長さんにそのことを話すと、ちょうどその時期にW.W.F.F.に買い付けに行くのでぜひ一緒に台湾に行きましょうということになり日程を合わせていただきW.W.F.F.に行くことにしました。
航空券の手配や台湾での宿泊などは店長さんに全てお任せしました。
私が日本の航空会社がいいとの希望を出しており、その上、2月10日から12日までは台湾は旧正月(2月6日~13日)に当たり、成田空港―台北(桃園国際空港)への飛行機の利用客で混雑しており、この間のどの便も(特に日本の航空会社は)エコノミークラスはほぼ満席だそうです。
以上のことからチケットの入手はほぼ絶望的であり、完全に駄目かとあきらめておりました。
せっかくの休みで台湾にも行けないのならばいっそのこと実家にでも帰ろうかと新幹線の切符を手配する段階まで着ておりましたが、何と日本アジア航空のチケット(エコノミークラス)が直前になって取れたのです。店長さんに感謝感謝。


旅行の概要は
2月10日 成田空港 → 桃園国際空港:台北 → W.W.F.F.(台中) → 台中泊
2月11日 W.W.F.F.(台中) → 台北泊
2月12日 午前自由行動 → 桃園国際空港:台北  → 成田空港
です。

■成田⇒台北(3時間30分)
SQ987 09:30/12:00 月火木
EG201 10:00/12:25 毎日
EG203 11:30/13:55 毎日
CX451 16:15/18:50 毎日
EG279 16:15/18:40 月水土  ← 搭乗便
EG209 16:15/18:40 火木金
NW007 18:35/21:25 毎日
EG209 19:15/21:40 火
■台北⇒成田(3時0分)
SQ988 16:25/20:30 月水日
EG200 10:30/14:35 水金土
EG204 13:30/17:35 毎日
CX450 13:05/17:20 毎日
EG278 10:30/14:35 月火木日
EG206 15:45/19:50 毎日 ← 搭乗便
NW008 09:35/13:45 毎日
BR2198 10:00/14:05 木日


地図
日本と台湾の位置関係

地図
台湾の地図 空港は台北、W.W.F.F.は台中にあります


2月10日、いよいよ台湾W.W.F.F.に行く日がやってきた。
前の日の夜に旅行の準備を済ませ、朝7時に目覚まし時計を合わせて寝ましたが、起きたのは何と朝4時半。ファームに行きたい気持ちが目覚めを早くしたのか、あるいはいつもの起床が4時半くらいなのでその習慣からか、たまたま目が早く覚めたのかは不明です。
相模大野の店長さんとは小田急新宿駅西口改札で待ち合わせ。
当初は店長さんの車で成田まで行くことになっておりました。しかし、3連休ということもあり浦安の米奇老鼠や唐老鴨のいる迪士尼樂園やその他、観光に来る車で高速道路は渋滞していると考えて、列車を利用することにしました。店長さんと新宿で時間通りに合流でき、成田空港d第二ターミナルまでは新宿から成田エクスプレスを利用しました。予想通り、成田エクスプレスは満席で予め店長さんが切符を取ってくれていて大助かりでした。

成田空港 は人が多く、連休に海外旅行へ行く人でごったがえしていました。
傷害保険の申し込みを済ませて、出国搭乗手続きを済ませて待っていますとここにも人がいっぱい。搭乗ゲートの近くで待っていますと、しばらくして搭乗の案内がアナウンスされました。飛行機に乗り座席に着いたところ、何と2人がけの窓際の席を上手に押さえてくれておりました。JAAのチケットを取れただけでも奇跡なのに席もいいなんて感謝感謝。搭乗する時に隣のゲートが空いており、そちらから入る人がいるのであれはどうしてか店長さんに聞くと、ビジネスクラス、ファーストクラスはゲートは別で、エコノミークラスのように並ばずにすぐに乗れるらしい。今度はビジネスクラスに乗ってみたいぞぉ~~
飛行機は無事に成田空港を出発、一路台北へ。3時間ほどで飛行機は (台湾桃園国際空港) に到着しました。入国登記表と入国旅客申告表を書いた後にパスポートチェックを受け無事に台湾に入国、空港第二ターミナルロビーへ。そこにはLEOさんの姿があり、迎えに来てくれていました。以前、相模大野のお店でお会いして以来で久しぶりの再開でした。ミラーコーヒー (喫茶店)でしばらくの間お茶を飲みながら久しぶりの再開を喜び合いました。LEOさんの運転で車はW.W.F.F. へ。W.W.F.F.は台中郊外にあり、空港からは高速道路を利用して約2時間半ほど時間がかかりました。
ファームに到着です、いよいよ我が家の魚たちの故郷とでもいうべきW.W.F.F.に来ました。
ファームに到着したのが夕方になりましたのでこの日は下見ということで、翌日が本番になります。
ざっとすみからすみまで全ての水槽を見ましたが、いい個体が多いですね。いやぁ、いいものですなぁ。写真撮影は行わずに、ディスカスを見ていましたところ、時間になりましたのでLEOさんの案内で夕食に行くことになりました。夜遅くに開いているお店は限られており、その中でもLEOさんお薦めの台湾スタイルのお店に連れて行ってもらいました。本当にこれでもかこれでもかというくらい食事が出てきて、食べきれないくらいでした。
こうしてあっという間に時間は過ぎて行き、LEOさんに本日宿泊するランディス台中ホテル (台中永豊桟麗緻酒店) まで車で送っていただきました。部屋に着くとどっと疲れが出てしまったのかすぐに寝てしまいました。

翌朝はスッキリと目が覚め、ここの朝食は美味しいよと店長さんが太鼓判を押してましたので非常に楽しみにしておりました。食事はホテル1Fのレストラン 「ラ・モード」 です。ビュッフェスタイルで、ここはクロワッサンが店長さん一押しとのことでした。クロワッサンはなかなか美味しかったですよ、その他も色々と食べました。
この日のW.W.F.F.見学には、仕事で台湾に出張して来ていたお店のお客さん(以降Aさんと表記)も一緒に行くことになり、我々が宿泊していた台中ランディスホテルのロビーで待ち合わせることにしました。Aさんと無事に合流し、LEOさんを待っている間、3人でホテルの外の交差点の向かいでコーヒーでも飲もうかということになりました。私は持って来ていた台湾のガイドブックに載っているタピオカ入りの飲み物がどうしても飲みたくてホテル周囲の店を何軒か探して見つけることができました。店長さん、Aさん、ご迷惑をおかけいたしました。どうしても 「バーミヤン」 で飲んだタピオカの味が忘れられず、急にどうしても飲みたくなりました。
そうこうしているうちにLEOさんが迎えに来てくれました。LEOさん、店長さん、Aさん、私の4人でファームへ。

昨日ファームに行ったときにざっと見ていましたので、今日はじっくり魚を観察して写真を撮影することを主な目的としました。水槽を端から順に見て行きますといい個体がいっぱいいました。

その時の写真 → もりげんのホームページ(ディスカスの部屋) のファーム訪問紀行にあります。

14時を過ぎた頃に事件は起こりました・・・・
なんとLo Wing Yat Sunnyさんがファームに現れたのです。
我々が台湾に到着した日か、その前日)に台湾に来られていたそうです。
Sunnyさん、LEOさんと色々と話をしているうちにあっというまに時間は過ぎて行きました。Sunnyさんとはファームでお別れとなりました。短い時間でしたがSunnyさんに色々話したり聞いたりすることが出来てよかったです。何せSunnyさんは私にとって雲の上の人ですから・・・・
LEOさんに台中の熱帯魚屋さんの集まったところがあるので何軒か案内してもらい、その後台中のバスステーションまで送っていただきました。Aさんは列車に乗るということでここでお別れ。台中から本日宿泊する台北までは店長さんお薦めの豪華バスに乗っていくことになりました。チケットを購入、バスの乗り場までLEOさんが送ってくれました。LEOさんとはここでお別れ。いやぁ、本当に楽しかったです。LEOさんありがとうございました。

話は前後しますが、私はW.W.F.F.でディスカスを1匹買いました。その時の話です。
台湾初日(2月10日)、W.W.F.F.に夜に着いてLEOさんと店長さんとしばらく談笑した後、ディスカスの入っている水槽群を見せていただくことになりました。私は店長さんとは別行動で、水槽に入ったディスカスたちを見ながらざっとと一通り見た後、次は私の大好きなスポット系の魚を重点的をじっくり見ておりますと、いい個体がたくさんおりました(この日は写真を撮らずに、魚を見るということに重点を置きました)。しばらくして店長さんがやってきました。

以下店長さんと私のやりとり

店長:「もりげんさん、気に入った個体いましたか」
私:「いい個体が多いですね」
店長:「気に入った個体を教えてください」

これ、これ、これはいい個体だというふうに店長さんと話しながら水槽を順番にまわっておりました。
私がこれはいい個体だと思いますと何匹か指し示したものは、結構いい線を突いていたようです。
私が特に気に入った個体(WR70LS (Schmidt Focke Red Spotted Green Leopard Skin))がおりましたので、それを指し示して

私:「この水槽はいい個体が多いですね。いい個体が多くいるのですが、その中でも一番大きな個体はいいのはもちろんですが、この個体が気になります。柄は言うまでもないですが、顔つきが優しくて好きです。店長さんどうでしょうか?」
店長:「これはいい個体ですね。」
私:「バランスが取れた個体でパッと見て目立ちましたね。」
店長:「実はこの水槽はストック用水槽で、この中の個体は非売品だとLEOさんが言ってましたよ。」
私:「無理やり売ってもらうのもLEOさんの機嫌を損ねますからいいですよ、別の個体(小さいがスポット系のいい個体です)を買いましょうか。」
店長:「今言っていた別の個体ならもりげんさんがファームに来なくても、私が行った時にファームで買ってきますから。せっかくファームまで来たのですからストック水槽の個体を交渉してみます。」
私:「店長さん、あまり無理を言ってしまうとLEOさんがへそを曲げてしまい、今後のお付き合いが上手くいかなくなる恐れがあり、関係悪化ということになりかねません。私のせいで店長さんにご迷惑をおかけすることになってしまうから本当にいいですよ。」
店長さん:「いやぁ、一度交渉してみますから待っていてください。」

店長さんはLEOさんのところへ交渉へ。

店長:「~円なら売っていただけると言ってました。どうしますか?」
私:「本当にこんな無理を言って大丈夫なんですか?」
店長:「大丈夫です、ちなみに別の個体は~円だそうです」

しばらく考えて
私:「ではストックの本命魚を買うことにします」
ということで交渉成立。
店長:「これはもりげんさんがファームに直接来ないと買えなかった個体ですよ。」
と後で教えてくれました。
LEOさんに売っていただいたことに対して例を言うと、ニッコリしておりました。
私の買った個体は網で掬って別の水槽に。
翌日、Sunnyさんが来たときに、水槽に入っていたこの個体を見て「彼(私、もりげん)が買ったのか?」と店長さんに聞いて、そうだと分かるとローさんのお眼鏡にもかなったかニコニコされてました。Sunnyさんのお眼鏡にかなった個体なのか、あるいは以前Suunyさんが来日して相模大野のお店に来られた際に、私の飼育魚の写真を見ていただきましたが、まさか私の好みを知っていたのもあってニコニコされていたのかと考えるのは考えすぎか(笑)。
こんな感じで私はファームでWR70LSを1匹ゲットしました。


LEOさんに見送っていただき、バスに乗りました。
LEOさんさようなら、そしてありがとうございました。
台中から台北まで普通なら列車で行くのですが、今回は店長さんお薦めのバスを利用することになりました。バスは2階建てバスで席は1人がけ(1-1アブレスト)、「総統座椅」と言われる革張りでりマッサージ機能の付いたシートです。LCDモニターも付いています。革張りのマッサージチェアーにテレビがついているものを想像していただくとイメージがわくと思います。
今回の旅行で実は話題の台湾新幹線 (台灣高速鐵路) に乗ろうか(1日目の台北→台中、2日目の台中→台北のルートで利用する)という話になったのですが、開通して間もなく人気が高くて席が取れませんでした。
バスは一路、台中から台北へ。座席のすわり心地も良く、映画も何本か見れるようになっており、その中で「戦国自衛隊1546(江口洋介が出ているもの)」を見ました。そうしているうちにバスは台北に到着。バスを降りてタクシーを拾い、本日の宿泊地である 圓山大飯店 へ。我々が日本人と分かるとタクシーの運転手さんはテレビをつけて日本の演歌を流してくれ、台湾の対日感情が非常にいいことが実感できました。

圓山大飯店 圓山大飯店 グランドホテル THE GRAND HOTEL

写真のように中華風の宮殿で遠くからでもすぐに分かります。
このホテルも店長さんが必死に探してくれて偶然にも取れたそうです。この時期に、それも直前に取れたのは本当に運が良かった、奇跡とでも言うべきことのようでした。
日本人で初めて台北に泊まるんだったらここは外せないという店長さんの心遣いに感謝感謝。
ホテルにチェックインして部屋に行くと、なんかお腹が減ったような気が。
そうだ、お昼を食べていなかったんだ(笑)。
台北の町に出て食事をしましょう、ということでホテルを出ますと、ホテルの前のタクシー乗り場は多くの人並んで待っていました。ちょうど圓山大飯店で開かれていた結婚式が終わり、出席されていた方たちの帰りの時間が重なったようです。タクシーの順番を待つために並んで待っていますといよいよ我々の番が。
乗り込もうとすると店長さんに止められました。台湾のタクシーはすべて均一料金で、どんな車でも値段は一緒。だから遠くに行くときはできるだけ新しい少し大きめの車に乗る方が快適だということで、この車は古いから少し待ちましょうとのこと。数分でタクシーが来ました。いい車でしたので乗り込み、店長馴染みの來來茶行へ。來來茶行はお茶屋さんで、晶華酒店(Grand Formosa Regent Taipei) の近くにあります。店長さんと顔馴染みの女性の店主さん(おばちゃん)を店員さんに呼んでもらい、お茶の説明を受けて試飲するとこれが結構美味しい。私は阿里山茶と東方美人茶を買いました。おばちゃんは日本語が非常に上手です。
食事に行きましょうということで、店長さんお薦めの中華料理店へ(名前忘れました)。時間は21時55分。お店は22時までなのでどうなるかと思いましたが、今からでも構いませんということでラッキー。
チャーハン、マーボ豆腐、春雨、鶏の手羽先揚げ、鶏と卵のスープなどなどたくさん出てきました。いやぁ、本当に美味しかったですよ。最後はデザートのプリンで締め、ごちそうさまでした。
次はマッサージに行こうということでおばちゃんの案内でマッサージに行きました。豪門世家理容名店:Dynasty Barber Shop(ダイナスティ) というお店で志村けんや高田順次などの写真が貼ってあり、芸能人もよく来るようです。全身マッサージと足裏マッサージを受けながら爆睡してしまいました。
帰りに夜市に行きましょう、という店長さんの提案で、マッサージの帰りに豪門世家理容名店の車で士林夜市(士林観光夜市)の場所まで送っていただきました。
台湾と言えば夜市が有名ですが、その中でも台北の 士林夜市 は最大規模の夜市で、屋台の食べ物ばかりでなく、衣料品・靴・小物など何でも揃っております。r台湾の人たちのパワーと熱気が感じられてて、本当に台湾の人たちは逞しく生きているなぁと感心しました。
1時間ほど夜市を見学後、タクシーを拾って圓山大飯店へ。
部屋に入って疲れがどっと出てベッドに横になるとそのまま深い眠りへ落ちました。

翌朝(2月12日)はすっきり目覚めました、旅行に行くと熟睡できるので非常にありがたいです。
朝食は圓山大飯店にある西洋料理のレストラン「松鶴庁」で食べました。ビュッフェスタイルです。ここもなかなか美味しかったですが食べ過ぎました。

飛行機への搭乗手続きする時間を考えると、観光するのに取れる時間は3時間しかありません。以下のうちの1つを見ることにしましょうと店長さんからの提案がありました。
1) 龍山寺 (ロンシャンスー)
2)台北101タワー(高さ508mの世界一高いタワーです)
3)その他
現実的にはいずれか一つしか見れないとのことで、故宮博物館を見たかったのですが、さすがに3時間では無理と判断。私の希望で龍山寺に行くことになりました。
圓山大飯店よりタクシーで晶華飯店に行き、荷物を預けて龍山寺へ。

龍山寺 龍山寺 ロンシャンスー

龍山寺は台湾で一番古い仏教寺院でその名の通りお寺なんですが、なんと神様まで祭ってあります。本殿には本尊の観音菩薩をはじめ仏様、後殿には道教の神様である関羽や天上聖母を祭ってありました。孫悟空の好きな店長さん(わけはお店に行って直接聞いてみてください)も喜んでいたようです。私も参拝しましたがご利益あるかな。仏教と道教が混在したお寺なんですね。
道教は日本人には馴染みがないかもしれませんが、イメージ的には砕けていえばキョンシーの出てくる映画(霊幻道士)の世界、もう少し真面目に言うと、三国志(好きな人多いと思います)に出てくる張角の太平道、張陵の五斗米道(天師道)などは道教の教団です。明の時代の小説「封神演義」にも道教の神々が出てきます。日本では陰陽道(映画でおなじみですね)は道教を取り入れていますし、風水も道教の陰陽五行説が基になっております。


龍山寺を後にするとまだ時間がありましたので、台北101タワーに行こうということになり、タクシーを拾い向かいました。交通渋滞もなく予想より早く到着しました。

台北101 台北101タワー


5階で展望台行きチケットを買い、エレベーターへ。エレベーターは東芝製で展望台89階までわずか40秒で到達します。上昇するような感覚があまりなく静かで振れも全くなく、すごい技術です。89階に到着すると、そこからは台湾の景色が一望。素晴らしい眺め。
見学を終えてタワーを出るとタクシーがすぐに見つかり、晶華飯店へ。
ここでお土産を買い、預けていた荷物を受け取り晶華飯店を出ました。
ここから空港までは距離があるので綺麗なタクシーをと思い捜していると新しい車のタクシーが。ラッキーです。シートも良くて座り心地もよくて快適な時間を過してタクシーは台北桃園国際空港へ。第一ターミナルと第二ターミナルを間違えるというハプニングがありましたが(運転手さんのミスです)、無事到着。ちょうどいい時間に着きました。こんな短い時間で龍山寺と台北101タワーの両方が観光できてラッキー、運がいいです。これも店長さんのおかげです。
空港第二ターミナルに着き、日本アジア航空のゲートで搭乗手続きを取った後、出国審査受けました。飛行機の搭乗まえまだ時間がありましたので食事をしましょううということになり、店長が大好きな牛肉麺を食べようということになり食べました。私は海鮮の麺を食べましたがまあまあいけました。
食事が終わりまだ少し時間がありましたので、歩いてますと足裏マッサージのお店発見。

桃園国際空港 この看板が目印

足裏マッサージを受けようかということになりました。ちょうど前のお客さんが終わり二人分すぐにできるということでこれまたラッキー。靴下を脱いでベッドに横になると、なめらかなクリームを足裏に塗った後で足裏マッサージが始まりました。前日も足裏マッサージを受けたのでどうかなと思いましたが、これが中々気持ちいいです。マッサージ師の人がほっしゃん(うどんでおなじみの芸人)に似ているなぁと思っていると、「ほっしゃん・・・」と店長が横でつぶやいておりました。大笑いでしたね。
台北桃園空港でマッサージを受けられる方は見てみてくださいね、本当に似ていますから。
ほっしゃんが分からない人は ここをクリック
マッサージが終わるとちょうど搭乗の時間、グッドタイミングです。
機内食は行きよりも自分の好みではなかったのであまり食べませんでした。
飛行機は無事に成田に到着。予定しているゲートとは違うゲートに到着したためにシャトルに乗る羽目になりましたが・・・
入国審査を済ませ、無事入国。
成田エクスプレスに乗り、新宿へ。店長さんとは歌舞伎町で遅い夕食を一緒に食べました。小田急新宿駅で別れて店長さんはロマンスカーで相模大野へ。私は大江戸線で帰りました。
部屋に着き、扉を開けると元気なディスカスたちがこちらへ寄ってくるではないですか。
ただいまっ、帰ってきたよ。そして新入りがファームから来るからね。


今回の旅行は大大大成功でした。そして非常に楽しかったです。それもこれも店長さんの旅行前の事前の準備や手配、そしてツアーコンダクター(通称HIS)とでも言うべき役割をしていただいたおかげだと思っております。またLEOさんやローさんも非常に歓迎してくれて本当に台湾に来て良かったと思っております。店長さんありがとう。いやぁ本当に楽しかったです。あっという間に3日間でした。LEOさん、Sunnyさん、私のようなディスカス歴の浅い初心者を歓迎してくれ、また質問にも丁寧に答えてくださってありがとうございます。できれば年に一度はファーム、そして台湾に行ってみたいです。

旅行・航空券についてのお役立ち情報 → ここをクリック







こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : WWFF Discus ディスカス 台湾 円山大飯店 龍山寺 台北101 ほっしゃん

W.W.F.F.訪問と台湾紀行 (2回目)

以前のブログ (もりげんのディスカス飼育日記(W.W.F.F.ディスカス中心)) にありますのでそれと重なる内容です(自分なりに読みやすいように纏めただけです)。あくまでも自分のメモ用に書いておりますので、以下読まれる方はその点にご注意ください。



2007年11月23日から25日まで台湾のW.W.F.F.に行ってきました。
今回は私と相模大野のお店の店長さんとの2人で行きました。私の仕事の都合もあり、どうしても休日を挟むことになりましてこの日しか予定が取れませんでした。

今回の台湾への渡航の目的は3つ
1) 新しいファームを見学すること
2) ファームで気に入った個体がいればゲット
3) 故宮博物院の見学

今年の2月に初めてW.W.F.F.に行きましたが、今回W.W.F.F.が移転した(移転前も移転後も台中で距離的には近いそうです)ということもありまして、2度目の訪問となりました。
11月23日 成田 → 台北
11月25日 台北 → 成田
の往復では、エコノミークラスだけでなく、ビジネスクラスでも日本の航空会社では帰りの11月25日 台北 → 成田の便に座席がないために、キャセイパシフィック航空 のビジネスクラスを利用することにしました。(中華航空だけはやめてくださいと言ってましたので)

成田―台北間の飛行機の時刻表です。

成田 → 台北 出発曜日 発着時間 便名
月 火 水 木 金 土 日 09:20→11:50 NH-1081
月 火 水 木 金 土 日 09:40→12:10 CI-107
月 火 水 木 金 土 日 10:00→12:35 JL-641
月 火 水 木 金 土 日 13:45→16:20 JL-645
- - - - 金 - - 14:15→16:45 CI-109
- 火 水 木 - 土 日 14:15→16:45 CI-017
月 火 水 木 金 土 日 14:15→17:00 BR-2197
月 火 水 木 金 土 日 15:55→18:30 CX-451  ← 搭乗便
月 火 水 木 金 土 日 16:25→18:55 CI-101
月 火 水 木 金 土 日 16:45→19:20 JL-647
月 火 水 木 金 土 日 18:20→20:50 NH-1083
月 火 水 木 金 土 日 19:00→21:35 JL-649
月 火 水 木 金 土 日 19:15→22:10 NW-095
- - - 木 - - 日 19:50→22:20 CI-105
月 火 水 木 金 土 日 20:10→22:55 BR-2195
台北 → 成田 出発曜日 発着時間 便名
月 火 水 木 金 土 日 08:20→12:30 JL-640
月 火 水 木 金 土 日 08:45→13:10 NW-096
- - - - 金 - - 08:45→12:55 CI-108
月 火 水 木 金 土 日 08:50→13:15 BR-2198
月 火 水 木 金 土 日 08:55→13:05 CI-100
月 火 水 木 金 土 日 09:45→13:55 NH-1084
月 火 水 木 金 土 日 10:00→14:10 JL-642
月 火 水 木 金 土 日 12:50→17:10 CX-450  ← 搭乗便
月 火 水 木 金 土 日 12:55→17:05 JL-646
月 火 水 木 金 土 日 13:00→17:10 NH-1082
- - - 木 - - 日 14:15→18:25 CI-104
月 火 水 - 金 土 - 14:20→18:30 CI-018
月 火 水 木 金 土 日 14:30→18:40 JL-648
月 火 水 木 金 土 日 14:50→19:10 BR-2196
月 火 水 木 金 土 日 16:30→20:40 CI-106


それでは今回の予定をおおまかに
今回の予定は大まかに

11月23日 成田空港 → 桃園国際空港:台北(夕方到着) → W.W.F.F.(台中) → 台中泊
11月24日 → W.W.F.F.(台中) → 台北にて観光 → 台北泊
11月25日 桃園国際空港:台北(午後発) → 成田




成田空港からの出発は午後の便ですので、朝、店長さんが私の家まで我が家のディスカスの観察(店長チェック)を兼ねて迎えに来ていただき、その後新宿から成田エクスプレスで行くことにしました。
我が家の、チビWR46Nをメイン水槽に移したのは正解だったと店長さんに言われました。またWR46Nは全般的に品種として成長が遅いということで、私のチビたちはまだ大きくなる、成長不良(目がでかい)ということはないようで一安心しました。
新宿で軽く昼食を済ませて昼過ぎの成田エクスプレスで新宿から成田第二ターミナルへ。
空港で搭乗手続き、出国審査を済ませてから搭乗時間が来るまでキャセイパシフィック航空ラウンジへ。ラウンジでは軽い食事も出来て非常に快適でした、そうこうするうちにもう搭乗の時間が。
ビジネスクラスは搭乗するのも前回に乗ったエコノミークラス(航空会社は違いますが)よりも待たずにスムーズでした。
ビジネスクラスは座席も快適で (新しいビジネスクラス として キャセイパシフィックのHP で紹介されています) 、食事もビーフ、チキン、フィッシュの3種類の中から選ぶことが出来ました。ビジネスクラスに乗ったのは初めてなのですが、食事のオーダーを取る時に、Mr.~ Would you like~ と客一人一人に名前をよんで聞くとは驚きました。私はチキンの料理を選択しましたが、(機内食ということを考えても)なかなか美味しかったですよ。快適な時間を機上で過ごして(まあ、ニンテンドーDSでゲームをしてました。王宮の戦士たちが終わり、おてんば姫の冒険まで進みましたが(笑))無事飛行機は台北に到着。
入国登記表と入国旅客申告表を書いた後にパスポートチェックを受け無事に台湾に入国、空港第一ターミナルロビーへ。あれ?LEOさんがいない。
え????
店長さんが早速LEOさんに電話をすると、高速道路が交通事故で大渋滞とのことで少し遅れるとのこと。喫茶店にでも入ってお茶でもと思っておりましたが、あれ?前回来た時の喫茶店がないぞ~。
前回、台北桃園国際空港 に到着したのが空港第二ターミナル、今回は空港第一ターミナルでした。
第一ターミナルは第二ターミナルに比べて設備が悪いんだなぁ。
2時間半経過した時点でLEOさんに電話をするとちょうど今、空港に着いたとのこと。
しばらくたっても現れないのでおかしいと思い、空港で館内放送を頼むと、空港職員が気を回してくれて第二ターミナルにも放送をかけてくれますと、何とそちらにいるとのこと。
キャセイパシフィックで行くといったはずじゃない。まあそうこうしているうちに迎えに来てくれましたがすでに台湾到着後3時間経過。LEOさんの車で台中のW.W.F.F.に行き、1時間ほどファームを見て食事に行きました。夜遅かったので開いている店は限られておりました。食事に行ったところは前と同じところで、腹一杯食べましたよ。本日宿泊の ランディス台中ホテル (台中永豊桟麗緻酒店) まで送っていただき、LEOさんとはお別れ。
翌朝10時にLEOさんがホテルまで迎えに来ていただけることになってます。
夜中の1時を過ぎていましたので、すぐに就寝しました。
翌朝、私は6時(日本との時差は1時間)に目が覚めました。いつもは日本では朝4時半に起きているので朝早く目が覚めるのは習慣になっているようです。少しうとうとした後、風呂に入りました。
朝食の時間もありますので、店長さんは爆睡中で非常に気の毒でしたが起きていただきました。ランディスホテルの 「ラ・モード」での朝食は美味しくて、前回と全く同じでしたが、何か前回来たのはものすごく前だったような気がしました(実は同年の2月、期間にしておよそ半年前に来たのですよ)。
朝10時にはLEOさんが宿泊しているランディスホテルまで迎えに来てくれました。
ファームに行き、店長さんは今回入荷する個体のセレクトを行い、私はファームの魚たちをゆっくりと見学することにしました。私は実は昨日に購入する個体を決めておりました。

昨日の夜のW.W.F.F.訪問時に話は戻ります。
ファームに到着後、端から順に全体的にディスカスの入っている水槽を見ていきますと、ひときわ目を引いた水槽、それが WR14RS (Red Diamond Red Spotted Line) の入った水槽でした。前後に各品種別に入ったW.W.F.F.の水槽を見ましたが、気になったのはやはりWR14RSの水槽と WR70Y (Schmidt Focke Red Spotted Green Yellow Golden) の水槽ですね。WR70Yは私好みのイエローボディにレッドスポットになるらしいです。しかし水槽内のWR70Yはサイズが小さすぎて柄がほとんど出ておらず、この大きさで買うのは、将来買った個体が私の好みの柄になるかどうかは分からないので見送りました。日本へは現時点(2007年12月現在)では入荷しておりませんので詳細も分かりません。
実は私のこの前購入した WR14RS も今回購入しようと思っているWR14RSの入っている同じ水槽から店長さんがセレクトしてきたものだそうです。さて、そうなりますと今回も買うとなるとWR14RSしかないでしょう。ということで、その中で一匹、私が第一印象ですぐに選んだものが今回購入した個体です。

14RS
この個体をゲットしました

決めるまでの時間は5分かからなかったのではないかなぁ。ファームに着いて30分もしないうちにこれだという個体が見つかりました。店長さんにその魚を問題がないかチェックしてもらい、OKでしたのでLEOさんと交渉していただき、交渉成立。と、いうわけですでに初日の夜には購入する魚は決まっていたのです。
翌日、店長さんが入荷する個体をセレクトしている間、私はファームの個体を見ておりましたが、前述のWR14RS、WR70Y以外にもWR56S (Super Jaguar) も気になりました。WR56SはW.W.F.F.ディスカスを飼い始めた時に育てて、我が家で大きくなったたので思い入れが深い品種ですね。
前回のファーム訪問時は大きさなど少し妥協する部分がありましたが(一番大きいWR70LS (Schmidt Focke Red Spotted Green Leopard Skin) は値段が高すぎて手が出せなかった (その時購入した個体もWR70LSS (Schmidt Focke Red Spotted Green Leopard Skin Signature) ですからいい個体ですよ)ので、今回は私がこれはと思った個体をゲットしようと考えておりました。ですから今回はめちゃくちゃ私の好みで押しました。店長さんもいいといってくれましたし、なにしろトビの個体ですからサイズが大きいです。私はスポット系が好きですので、ライン系のダイヤ(Red Diamond : WR14RS) は飼わないと広言おりましたが、前回と今回の連続して2匹のRed Diamond  (WR14RS) の導入となりました。でもこの2匹の個体、スポット系みたい感じがするのは私だけでしょうか。

後日談
今回買って来た個体を我が家の水槽に入れましたが、前回の個体よりも少し大きいだけでした。前回の個体も結構順調に育っているようでよかったです。今回の個体は店長さんがお店で計ったら12.7cmとのことでした。我が家の水槽に入れると小さく見えますよ。

話を戻します
13時頃からLEOさんがランチに行きましょうということで、五福臨門の神木を見てから「仙塘跡」という山の上の食堂に食事に行きました。山の上にあるお店で眺めも良く、味のほうもなかなかよかったです。

五福臨門神木

五福臨門神木
五福臨門神木です。樹齢千年と伝えられ、楠、アカシアなど5 種の樹木が交錯してできています。
(上の2枚の写真は角度を変えて撮影しました)

五福臨門の意味
五福とはすべての福を表し、長寿(長生き)、富貴(財と地位)、健寧(健康と平安)、好徳(陰徳を積む)、善終(臨終の時に心残りがない)のすべてを入り口に集めてくれる最高の熟語です。





仙塘跡

仙塘跡
仙塘跡からの眺め。山の上にあり、非常に見晴らしが良いです。この日は天気もよく、遠くまで見えました。


ファームに帰ると、頼んでいたハイヤー(VOLVO)が迎えにきておりました。
ここでLEOさんとはお別れ。LEOさん、本当にありがとうございました。
ハイヤーに乗って向かうは台北の 國立故宮博物院(National Palace Museum) です。受付時間ギリギリに間に合いました。

故宮博物院
故宮博物院です。

國立故宮博物院は世界四大博物館の1つに数えられていますが(フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュがその他3つです)、やはりそう言われるだけのことはあるのだなぁ。と感心しました。國立故宮博物院には70万点もの収蔵品があると言われており、このうち展示しているものは約6000点、だいたい半年ごとに展示品を換えている(有名な展示品は除く)と言われておりますので収蔵品全部を見るには10年以上かかると言われております。
私は歴史が好きで、中国の歴史も好きですので2階と3階のフロア中国の各王朝時代の展示物などは非常に見ごたえがありましたよ。また、台湾に行く機会があれば故宮博物院に行きたいですね。

故宮博物院を出て、タクシーを拾って本日宿泊の ハワードプラザホテルタイペイ(台北福華大飯店) へ。ホテルにチェックインした後、 店長行きつけのお茶屋さん、來來茶行へ。私は今回はここで茶器を買いました。その後、店長お薦めの中華料理店で中華料理を腹一杯になるまで食べた後、 豪門世家理容名店:Dynasty Barber Shop(ダイナスティ) にて全身マッサージと足裏マッサージを受けました。気持ちよくてマッサージが始まってすぐに寝てしまいました。マッサージの後はお店の送迎がありホテルへ。部屋に入るとすぐに寝てしまいました。

翌朝はマッサージのおかげもあってか、自然に目が覚めました。
朝食はレストラン 「中庭彩虹座」 にてバイキング形式になっておりました、色々あってなかなかよかったですよ。
午後の便で日本に帰るのですが、台北の空港まで行く時間等を考えますと観光する時間はないのでテルでゆっくりし、桃園国際空港に向かいました。キャセイパシフィックのカウンターで搭乗手続きをして出国審査を受けて、キャセイパシフィックのラウンジへ。ここで軽食を取り(牛肉麺を食べたように記憶しております)、寛いでいるともう搭乗の時間。
搭乗も待たされることなくスムーズに行きました。シートも行きと全く同じですので(当たり前か)、行きよりも使い方に慣れてリラックス出来ました。食事は確か帰りもチキンだったように記憶しております。
飛行機は無事に定刻通りに成田に到着。入国手続きは込んでいたなぁ。確か連休を海外で過ごした人の帰国ラッシュだったはず。まあ、無事に帰国出来て、さてこれから新宿まで成田エキスプレスにでも乗ろうかと思いましたら、一番早い時間の列車から2本程後まではグリーン車を含めて全て満席でした。仕方がないので京成スカイライナーに乗り上野まで行きました。御徒町で店長さんと釜飯を食べた後に、御徒町駅から都営大江戸線に乗り、私は若松河田駅で降りるのでここで別れました。
店長さんはここから新宿駅経由で小田急で相模大野まで帰られました。

この時の台湾訪問はW.W.F.F.で好みの個体をゲットできたことはもちろん嬉しいことですが、念願だった國立故宮博物院を見ることが出来て嬉しさ倍増でした。
少し残念だったのが店長さんが2日目に体調を悪くされたのがお気の毒でした。普段なら旅行にはある程度の薬は持って行くのですが、この時は持っていきませんでした。スイマセン・・・・・


旅行・航空券についてのお役立ち情報 → ここをクリック







こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : WWFF Discus ディスカス 台湾 旅行 故宮博物院

W.W.F.F.訪問と台湾紀行 (3回目)

以前のブログ (もりげんのディスカス飼育日記(W.W.F.F.ディスカス中心)) にありますのでそれと重なる内容です(自分なりに読みやすいように纏めただけです)。あくまでも自分のメモ用に書いておりますので、以下読まれる方はその点にご注意ください。


2008年7月19日から21日まで2泊3日で台湾に行ってきました。
一番の目的は台中にあるW.W.F.F. (World Wide Fish Farm) に訪問することです。
今回は3度目のファーム訪問になりますが、過去2回はファーム訪問以外に観光をしました。

今回の予定は大まかに

7月19日 成田空港 → 桃園国際空港:台北(昼頃到着) → W.W.F.F.(台中) → 台北
7月20日 台北終日自由行動(観光等) → 台北泊(7月19日とは別のホテルに宿泊)
7月21日 午前自由行動 → 桃園国際空港:台北(午後発) → 成田

今回は私の仕事の都合上、台湾W.W.F.F.訪問が2泊3日の予定であるということを前提に考えますと7月19日から21日までの3日間しか予定が取れません。ですのでわざわざ店長さんに予定を合わせていただいた上での訪問となりました。前回、店長さんが飛行機のチケットを取るのが大変だったようですので、今回は今年の初めから7月19日~21日までの日程を決めて、チケットを早めに手配してもらうことにしました。今回はエバー航空のチケットが取れたようです。
19日 成田→台北 9時20分出発、11時50分到着
21日 台北→成田 14時50分出発、19時10分到着
前回、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスが非常に快適でしたので、今度もビジネスクラスで中華航空以外の航空会社(個人的には中華航空は好きでないのです)をお願いしておりました。私は腰痛持ちですので少しでも腰が楽な方がいいという理由もありました。
今回利用するエバー航空は全日空との共同運航便とのことで、機体はエバー航空、スタッフとサービス(機内食等か?)は全日空と聞いていました(私はそう認識しておりました)ので、そういうこともあるのかぁ。と思っていたのを覚えています。


成田―台北間の飛行機の時刻表です。

成田 → 台北 出発曜日 発着時間 便名
月 火 水 木 金 土 日 09:20→11:50 NH-1081  ← 搭乗便
月 火 水 木 金 土 日 09:40→12:10 CI-107
月 火 水 木 金 土 日 10:00→12:35 JL-641
月 火 水 木 金 土 日 13:45→16:20 JL-645
- - - - 金 - - 14:15→16:45 CI-109
- 火 水 木 - 土 日 14:15→16:45 CI-017
月 火 水 木 金 土 日 14:15→17:00 BR-2197
月 火 水 木 金 土 日 15:55→18:30 CX-451
月 火 水 木 金 土 日 16:25→18:55 CI-101
月 火 水 木 金 土 日 16:45→19:20 JL-647
月 火 水 木 金 土 日 18:20→20:50 NH-1083
月 火 水 木 金 土 日 19:00→21:35 JL-649
月 火 水 木 金 土 日 19:15→22:10 NW-095
- - - 木 - - 日 19:50→22:20 CI-105
月 火 水 木 金 土 日 20:10→22:55 BR-2195
台北 → 成田 出発曜日 発着時間 便名
月 火 水 木 金 土 日 08:20→12:30 JL-640
月 火 水 木 金 土 日 08:45→13:10 NW-096
- - - - 金 - - 08:45→12:55 CI-108
月 火 水 木 金 土 日 08:50→13:15 BR-2198
月 火 水 木 金 土 日 08:55→13:05 CI-100
月 火 水 木 金 土 日 09:45→13:55 NH-1084
月 火 水 木 金 土 日 10:00→14:10 JL-642
月 火 水 木 金 土 日 12:50→17:10 CX-450
月 火 水 木 金 土 日 12:55→17:05 JL-646
月 火 水 木 金 土 日 13:00→17:10 NH-1082
- - - 木 - - 日 14:15→18:25 CI-104
月 火 水 - 金 土 - 14:20→18:30 CI-018
月 火 水 木 金 土 日 14:30→18:40 JL-648
月 火 水 木 金 土 日 14:50→19:10 BR-2196  ← 搭乗便
月 火 水 木 金 土 日 16:30→20:40 CI-106

今回利用する飛行機は時間的に台湾滞在時間が非常に長くなり、有効な時間の使い方が可能となっております。



いよいよ台湾への出発の7月19日がやってきました。
朝4時に目覚時計をセットしましたが、朝3時には目が覚めてしまいました。睡眠時間は2時間ほどでしたが、それほど眠くはなかったです。店長さんとは前回の台湾行きで待ち合わせた場所と同じ小田急新宿駅西口地上改札口で6時に待ち合わせしており、6時少し前に行くとすでに店長さんは来ておりました。JR新宿駅より6時33分の成田エキスプレス3号(チケットは店長さんが手配してくれておりました)に乗るのでそれまでの時間お茶でもと思いましたが、こんな朝早くに駅の傍で喫茶店など開いてないのですね。仕方がないのでホームまでゆっくり歩いて行くことにしました。ホームで待っていますと成田エキスプレス3号が到着して乗りましたが、この日は満席だったのですね。早めに切符を取ってもらっていてよかったです、店長さんありがとうございます。7時52分に定刻通りに列車は成田空港第2ターミナルに到着しました。
成田空港に到着後、搭乗手続きの場所を空港の方に聞きますと、全日空のカウンターで搭乗手続きをしてくださいとのこと。その言葉に従い、全日空のカウンターで手続きをし、出国審査を済ませた後、全日空のラウンジへ(搭乗手続きが全日空のカウンターでその際に全日空ビジネスクラス専用ラウンジのチケットをいただきました)。ここで軽食を食べましたが、クラムチャウダー (シアトル・クラムチャウダー) は結構美味しかったですよ。
Chowder's シアトルスープ専門店チャウダースのHP → こちら
軽食をとり、新聞を読んでゆっくりしていますともう搭乗の時間。
あれ、機体は全日空。こういうこともあるんだぁ・・・と思っていると、飛行機は成田を飛び立ち、機長のアナウンスが。全日空1081便なんて言ってましたからこれはもう完全に全日空なんでしょう。共同運航便ってこういう意味だったのか。(NH1081(全日空1081便)とBR2181(エバー航空2181便)は同じということですね、よく分かりました)
全日空機のシート (B767-300ER CLUB ANA Asia) はキャセイよりもシート自体はよかったように思います。シート自体もゆっくりとしていて (B767-300ERのシートマップは こちら ) 腰も非常に楽でした。食事も和食、洋食と選べましたが、ダイエットのことなど忘れて洋食にしました。機内食ということを考えますと非常に食事に対しても企業努力がなされており、なかなか美味しかったですよ(機内食ということを考慮した上での評価です)。スチュワーデス(フライトアテンダントというのかな)の方も非常にサービスが良くて、よかったですよ。
飛行機は予定の時間より少し早く、無事に台北 (台湾桃園国際空港) に到着しました。
入国登記表と入国旅客申告表を書いた後にパスポートチェックを受け無事に台湾に入国、空港第二ターミナルロビーへ。ミラーコーヒー (喫茶店)でお茶を飲み、店長さんがLEOさんに電話しますと、もう空港まで来ているとのこと。LEOさんが程なく到着、約8ヵ月ぶりの再会です。LEOさんもお元気そうでよかったです。喫茶店でしばらく話をした後、LEOさんの運転する車で台中のW.W.F.Fへ向かいました。途中、W.W.F.F.ディスカスの現況を教えていただいたり、ディスカスの話題、車の話などの雑談しているうちに車はファームに到着しました。
昼に台北に到着して、LEOさんのファームまでも高速道路での渋滞もなくスムーズに来ることができました。

赤

赤

赤

赤

ファーム内での水槽の様子です。赤のソリッド系の水槽には多くの真紅の個体がおりまして圧巻でした。もうすぐ(9月初旬)にファームに行かれる方もいますので、あまり画像をアップしすぎて彼らの楽しみを削いでもいけませんのでこのくらいにしておきます。


私の買う個体のセレクト(今回はWR19LSで詳細は こちら )、店長さんが今回お店に入荷する個体のセレクトを終え、食事に行きました。以前のW.W.F.F.訪問では飛行機の都合上、台湾到着、そしてファーム訪問が時間的に遅くなり、その後の食事が深夜近くになってしまうため、行くお店も時間の都合上限られていたのですが(台中は台北などと比べて早く閉店する店が多いとのことです)今回はLEOさんお薦めの和食のお店(炉端と書いていたような・・・)に連れて行ってもらいました。
刺身に牛肉に色々とご馳走になりましたが、中でもチャーハンがめちゃくちゃ旨い。ダイエット中であることなんて、そんなの関係ねぇ~そんなの関係ねぇ~ということでおかわりしてしまいましたよ。
次の日に前回ファーム訪問時に連れて行ってもらった仙塘跡でランチを食べようとLEOさんからの温かいお言葉があり、また ランディス台中ホテル (台中永豊桟麗緻酒店) まで予約してくれているということで(今回の旅行では店長さんは初日は台中、台北どちらに宿泊してもいいように1日目の宿は予約しておかなかったそうです)、今回はそちらに宿泊することにしました。和食のお店の帰りに茶器のお店を何軒か案内してくださって本当にありがとうございました。
この日はランディスは結構混雑しており、私と店長さんが別々の部屋で個室ということになりました。部屋の前で明日の朝の予定を確認し、部屋に入りそのまま深い眠りに。
朝は6時に目が覚めて、風呂に入ったりテレビを見ているうちに朝食の時間になり店長さんとホテル1Fのレストラン 「ラ・モード」 へ。ビュッフェスタイルで、ここはクロワッサンが美味しく(店長さんお薦め)、その他も色々と食べました。
朝食を終え、部屋に戻り店長さんと色々と話しているとLEOさんとの昼食の待ち合わせ時間になり、ロビーへ。チェックアウトの手続きを済ませて待っていますと少し時間が経過してLEOさんがホテルまで車で迎えにきてくれました。そして、この日のランチの目的地である「仙塘跡」というお店へ。お店は山の上にあり、車は満車のため麓に停めて山頂のお店まで少し歩きました。大自然の中の食堂で、前回来た時同様、日本人客は私と店長さんだけで、周囲は台湾の方が家族連れ大人数で食卓を囲んでおりました。オムレツみたいな卵料理は絶品で、これももう一皿頼みました。いやぁ、美味しかったなぁ。LEOさんともディスカス以外の話でも色々と盛り上がりました。
帰りは台湾新幹線に乗って台北に行きたいという私の希望を聞いてくださり、新幹線の台中の駅まで送っていただきました。切符は全て自動販売機で購入するようになっており、色々とまどいながらもLEOさんにも手伝ってもらいながら何とか買えました。
ここでLEOさんとはお別れです。LEOさんには本当によくしていただきました。今度ヨーロッパスタイルのチキンのお店に行きましょうと言われましたので今度のW.W.F.F.訪問の際は楽しみにしております。LEOさんありがとうございました。
LEOさんと別れて新幹線のホームへ。駅の感じも日本に似ていましたね。
ホームに上がるといいタイミングで新幹線がホームに入ってきました。

台湾新幹線 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



台中から台北まで台湾新幹線を利用して移動、所要時間約1時間と短いですが、せっかくだから商務車(ビジネスクラス、グリーン車)に乗ってみようということになりました。台湾新幹線は台湾では「台湾高速鉄道 (台灣高速鐵路、Taiwan High Speed Rail、 略称は台湾高鉄、高鉄)」の正式名称ですが、車輌が日本の新幹線の技術を取り入れているので台湾新幹線と呼ばれることも多いようです(以後、台湾新幹線の名称でいきたいと思います)。

台湾新幹線


台湾新幹線

車内は非常に綺麗で、肘掛のところが電気のコンセントをさすようになっており、日本の新幹線のぞみ700系とほぼ同じでしたね。日本ではおしぼり(新幹線の営業区間によっては飲み物のサービスもあったところもあるような気がしましたが・・・)こちらは、おしぼり、ペットボトル入りの水、飲み物(紅茶を頼みました)、おつまみまでありましたよ。乗務員の女性の方(高鐵アテンダント)も美人でした。あっという間に1時間が過ぎ列車は台北に到着しました。
在来線の台北駅とは近く、非常に便利なところに新幹線の台北駅はあります。ちなみに新幹線の台中の駅は在来線の台中駅とは離れておりました。
本日宿泊の シーザーパークホテル(凱撤大飯店) は台北駅の大きな施設の真向かいにそびえる、超便利な位置にあり、すぐに到着しました。
新幹線を利用したために早く着けましたので、夕方から九份(きゅうふん)に観光に行きましょうとの店長さんの提案(観光好きな私のために考えてくれていたそうです)がありまして、九份に行くことになりました。ホテルのチェックインを済ませ、荷物を置きに部屋に入ると、めちゃ広いっ~。エグゼクティブルームと言って部屋の広さや調度品などが一般の客室より高級になっており、部屋の窓からは台北の賑わいも一望できます。部屋の中にはソファーテーブルがあり、書卓も置いてありました。何とエグゼクティブルームに宿泊した際にはカードキーを渡され、エレベーターの中でそれを挿さないと8~10階のエグゼクティブフロアには停まらないようになっております(日本でいうと和倉温泉の加賀屋にある雪月花浜離宮に宿泊した時と同じような感じです)。
荷物を部屋に置いて、ホテルの前でタクシーを拾い、店長さんの行きつけのお茶屋さんへ。お茶屋のオーナーの女性は私のことを覚えてくれておりました(お会いするのは2度目です)。私はここでお茶を試飲させてもらって、東方美人茶を買いました。九份の情報をここで仕入れ、この時間からですと九份までは車をチャーターして行った方が台北までの往復に便利ということでそうすることにしました。

九份は台湾北部にある山間の街で、アニメ映画「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)のモデルになった街として知られております。中国清朝の時代にはこのあたりには9軒しかなく、それが九份の名前の由来になったとも言われており、それだけ小さな集落でしたが19世紀に金鉱が発見されて発展することになりました。日本統治時代にこの集落は最盛期を迎えましたが、金鉱採掘が終わってからは衰退していきました。近年映画「悲情城市(A City of Sadness)」(侯孝賢監督)のロケ地として若者たちの脚光を浴びて、街が観光化されて現在、脚光を浴び、台北の観光地として重要性が増してきております。(分かりにくい説明でスイマセン)

九份に着くころは日も落ちて、街は裸電球の入った赤い提灯が並び、沿道の店を照らしておりました。基山街を観光しましたが、レトロ調の町並みでノスタルジックな雰囲気を醸し出しております。私はここで、三国志で有名な登場人物である関羽のクリスタルの彫り物(うまく表現できません)や、蜀の五虎将軍の京劇の面のミニチュアを額に入れたもの(これもうまく表現できません)などのお土産を買ってしまいました(何でそんなものが売っているのか分かりませんが・・・)。

九ふん
古き良き日本の時代を彷彿させる町並みです。


九份の観光を1時間ほどして、車は台北に。店長さんお薦めの好記担仔麺に行きましたが、ここでもオムレツみたいな卵料理が特に美味しく、他も美味しく楽しめました。 好記担仔麺の主役は、その店の名前の通り担仔麺であっさりしていて美味しいですよ。

好記担仔麺
山菜や海産食品などを皿に盛り付けて、入口に陳列してあります。
メニューの文字が読めなくてもこれというふうに指をさせばいいので便利です。
好記担仔麺のHPは こちら

好記担仔麺
好記担仔麺のお店の地図です


その後は 豪門世家理容名店:Dynasty Barber Shop(ダイナスティ) にてマッサージを受けました。ここはガイドブックにもよく掲載されている日本人観光客御用達のお店で、日本語が通じやすく24時間営業で、何よりホテルまでの送迎があるのでいいと思います。私と店長さんは全身マッサ―ジ(蒸しタオルによる温シップ付き)120分を選びました。私はマッサージが始まってから10分くらいで寝てしまいました。HP (ここ をクリック)に割引クーポンがあるのですね、初めて知りました。行かれる前にはプリントアウトしておけば役に立つかもしれません。
マッサージを終え、ホテルまで送っていただき、部屋に着くとしばらくして寝てしまいました。
翌日は「Checkers(チェッカーズ)」でビュッフェスタイルの朝食、目の前で作ってくれたオムレツは美味しかったです。プレーンオムレツが食べたかったのですが通じず、タマネギ入りのオムレツを食べましたがよかったですよ。
飛行機の出発時間から考えて台北観光の時間はないので何か希望はありませんかと店長さんから言われましたので、茶器のお店をみてみたいと言うと( 茗泉堂茶荘太平洋SOGO台北忠孝館 など ) 何軒かタクシーで廻ることになりました。おかげさまで気に入った茶器を買うことが出来ました。
空港まで車を利用し、空港で搭乗、および出国の手続きを済ませて、エバー航空 のラウンジへ。途中、国立歴史博物館のミュージアムショップもあり、そこで買い物をしてしました。搭乗時間になり、飛行機を見ますとエバー航空の機体でした。

エバー航空
ハローキティジェットです。


飛行機に乗ると、これまたシートが良くて嬉しいです。機体はエアバス機で行きのボーイング767とはまた違った作りでした (プレミアムローレルクラス(エアバスA330-200型機))。機内食は和食を選択しましたところ、これがなかなか美味しく、目で楽しむこともできました。ANAとエバー航空という行きと帰りに違う航空会社を利用することになったのも両社の比較ができてなかなかよかったですよ。エバー航空はチャイナエアラインと同じ台湾の航空会社ですが、エバー航空は機会があればまた利用してみたいですね。

天空の門
帰りの飛行機の中から撮影したものです。ちょうど日没時期のタイミングで撮影できました。雲海の向こう側がちょうど門のようになっていますね。作品名は「天空の門」何か神秘的に思います。

飛行機は無事に成田空港に到着。入国手続きも比較的スムーズに行きました。
ちょうどいい時間の成田エクスプレスがありましたのでそれに乗って新宿へ。
新宿で軽く店長さんと食事をして、別れました。


今回の旅行はW.W.F.F.訪問が一番の目的ですがせっかく台湾に行ったのですから観光もしたいという希望がありました。今まで過去2回で國立故宮博物院(National Palace Museum)、台北101、龍山寺(ロンシャンスー)などに行きました。今回は3回目ということでこれらと違った場所で私が楽しめるようにとの店長さんの配慮のおかげで九份に行くことができました。
台湾3回目ということもあり、お土産も買う余裕も出てきました。本当に楽しい旅行でした。
台湾は対日感情が比較的良く、変に英語を話すよりも日本語の方が通じやすい、あるいは筆談で漢字を書くほうが伝わりやすいように感じました。私も店長さんもお酒はほとんど飲まないので、お酒を飲むようなお店には行っておりませんが、台湾は観光以外にも食べたり飲んだり色々と楽しめると思います。
W.W.F.F.に行くついでに台湾を楽しみたいという方は、台湾に精通した、通称HISの店長さんが買い付けに行くときに一緒に行かれるのもいいかもしれません。興味のある方は店長さんにお聞きになってください。

拙い旅行記でしたが最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

今度は台南に行ってみたいです。
「延平郡王祠」はオランダの占領から台湾を奪還した国民的英雄の鄭成功を祭ってあります(近松門左衛門の『国性爺合戦』は、鄭成功をモデルとして作られたもので日本人にも馴染みが深いと思います)。私は歴史が好きで、鄭成功について書かれた本も読みましたが面白かったですよ。超強力な清軍を相手に鉄人部隊、藤牌部隊を率いて活躍する鄭成功は凄い。
「鎮安堂 飛虎将軍廟」は太平洋戦争の終戦前年の昭和19年の空中戦で米軍機に撃墜された日本海軍の零戦パイロット、杉浦茂峰少尉を祭っています。米軍機との交戦の際に被弾、このまま集落に墜落すると考えそれを避けるために零戦の機首を上げて集落より離れて行きました。杉浦少尉は落下傘で飛び降りたのですが、米軍機の機銃掃射を浴びて、落下傘は破れて杉浦少尉は墜落し亡くなりました。その後台湾の町の人が身を挺して集落を救った杉浦少尉を顕彰するために建てられたのが飛虎将軍廟です。
台南はこの2ヵ所に行ってみたいですね。


航空券・旅行についてのお役立ち情報 → ここをクリック











こちらのブログに替ってもブログランキングに参加させていただいております。
よろしければクリックよろしくお願いいたします (全部クリックしていただけると助かります)

banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ  ディスカスブログランキング



theme : W.W.F.F.ディスカス
genre : ペット

tag : WWFF Discus ディスカス 台湾 台北 九份 台湾高速鉄道 台湾新幹線 好記担仔麺

プロフィール

もりげん

Author:もりげん
台湾にあるWWFF (W.W.F.F. : World Wide Fish Farm) Discusが好きで、その中でも赤系、特にスポット系が大好きです。メールでのあて先は aerocabin@mail.goo.ne.jp までお願いいたします。
旧ブログ (もりげんのディスカス飼育日記 (W.W.F.F.ディスカス中心)) に引き続きまして当ブログもよろしくお願いいたします。

〔注意事項〕 このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、 コピー厳禁です。all rights reserved(無断複写・転載を禁じます)

ブログランキング
参加中のブログランキングです
banner2.gif

にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ

Twitter
Powered By FC2ブログ
FC2ブログ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブックマーク
関連ホームページ・ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
QRコード
QR
RSSリンクの表示